FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
論語と算盤!人生裏技#7 愛の水中花
IMG_3521_20190918200143940.jpg IMG_0482_20190918200142cce.jpeg

 渋沢栄一先生は、「論語と算盤」なる著書にて、論語で道徳を学び、算盤で人生を計算しながら生きろと言う。(メイビー)

 愛の水中花ではないが、これもタダ、あれもタダ、これもタダ。

IMG_1613_20190918200140297.jpeg IMG_0485_20190918200139f8a.jpeg

 ほんとタダ!キャンペーンとポイントを駆使すれば、意外とモノはタダなのである。

IMG_1609_201909182001376b2.jpeg
町の思い出2019@8 中華そば 福よし
IMG_0818.jpeg IMG_0822.jpeg

 ライナリーを後にして、高畠ラーメンを啖う旅のラゴス達である。高畠地区の米沢系ラーメンは非常にレベルが高いのである。

IMG_0823.jpeg IMG_0826.jpeg

 まずは、スタンダートな醤油ラーメンである。シンプルながらも奥が深い基本なラーメンである。うまい!

IMG_0839.jpeg IMG_0842.jpeg

 そして山形が誇る冷やしラーメンである。獣のオイルを使わず、出汁を効かせたナイスな一杯である。うまい!


IMG_0832.jpeg IMG_0835.jpeg

 そして、つけ麺である。その細くて繊細な米沢系の麺はつけ麺に適しているかも知れない!うまい!

 そんな夏の日の高原ラーメンを満喫する旅のラゴス達なのであった。。




町の思い出2019@7 高畠のワイナリー!
IMG_0786.jpeg IMG_0783.jpeg

 ボンヤリな旅のラゴス達は、東根を旅立ち米沢経由しては高畠へと到着するのである。夏の旅は自由で気ままなのである。

IMG_0800.jpeg IMG_0814.jpeg

 高畠ワイナリーに到着しては、試食品を飲み喰らいまくるのである。やっぱ山形である。そのボリュームはグレイトなのである。

IMG_0807.jpeg IMG_0813.jpeg

 カルパスやらチーズ、ワインがグレイトであり、食べ放題なのである。特に「氷果のひとしずく ナイアガラ」が非常にデザートなのである。

IMG_0808.jpeg IMG_0809.jpeg

 そして面白山に向かう旅のラゴス達なのであった。。(面白山遠いしー!)

IMG_0805.jpeg IMG_0816.jpeg
町の思い出2019@6 東根の夜と焼肉!
IMG_0751.jpeg IMG_0755.jpeg

 当初は雨降りであったが、銀山温泉を訪れる頃には晴れとなるのである。昔は雨男であったが、最近は晴れ男なのである。

IMG_0768.jpeg IMG_0758.jpeg

 電車に揺られ東根駅へと到着する。マラソン大会で通った、この駅には愛着を感じるのである。そして宴会である。

IMG_0761.jpeg IMG_0764.jpeg

 駅近にある「牛若丸」なる焼肉店が人気らしいのである。そして山形牛を堪能する事にする。

 うまい!それぞれの部位が個性を放ち、ナイスな焼肉なのである。程よく切り上げ、日本三大ポンコツ祭りを見ては木賃宿にて眠る事にする。

IMG_0777.jpeg IMG_0780.jpeg

    そして夜な夜な人生を語り合いながら、2174Kcalのヤキソバを食らっては、扇風機の風で寝る夜である。(宿のエアコン壊れているしー)
町の思い出2019@5 夏の銀山温泉
IMG_0719.jpeg IMG_0723.jpeg

 JR奥羽本線の大石田駅に到着し、バスに揺られては銀山温泉を目指す一行である。

 2011年の2月に全国大衆酒場を巡る会の保原支部の番長と事務局長と来て以来である。

IMG_0725.jpeg IMG_0729_20190913205217303.jpg

 震災が起きた後は、二度と旅など出来ないんだろうなーと思ったが、人類の叡智は凄いのである。

 また、こうやって旅が出来ては、銀山温泉に来ることが出来るのである。

IMG_0734.jpeg IMG_0737.jpeg

 大正ロマンな街並みを眺め、そして風呂に入る事にする。その湯は当たりが良くナイスなのである。

IMG_0727.jpeg IMG_0745.jpeg

 そして風呂上がりの缶ビールのロマンスである。