このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
北の酒場通りには#8(焼き鳥 鶏)
IMG_9779_20170312124722dc4.jpg

 「全国大衆酒場を巡る会」の福島本部長との飲み会である。JR福島駅の西口に位置する焼き鳥やを攻める事にするのである。

IMG_9782_20170312124724acc.jpg  IMG_9784_20170312124725282.jpg

 安い、全体的に料金体系が安いのである。焼き鳥に添えられた「かっぱのマーちゃん漬」が、小憎らしいのである。

IMG_9789_20170312124726c39.jpg  IMG_9786_201703121247287ba.jpg

 本部長と、いろいろな話をしながらホッピーやらをやっつけるディープな夜なのであった。。

北の酒場通りには#7(よね久)
IMG_8473_20170312093955fe7.jpg IMG_8474_201703120939572ad.jpg

 とある大学教授との会合である。先生とは夏以来の酒飲みであった。

IMG_8476_20170312093959542.jpg IMG_8478_2017031209395930e.jpg

 日本7大焼き鳥の本領を発揮する店が早稲町界隈にある「よね久」である。

IMG_8486_201703120940211e6.jpg IMG_8480_20170312094000c0f.jpg

 座敷に通されるが不思議な配置であった。焼き鳥は厚みがあり柔らかい。好物のカシラがナイスなのである。

 謎の緑のヤツを焼き鳥に塗ると旨味が増すのである。

IMG_8481_20170312094021e46.jpg IMG_8482.jpg

 日本酒の熱燗を頼みながら湯豆腐を皆で突くのである。この湯豆腐が実に渋いのである。

 池波正太郎先生の世界観に熱燗を飲みながら浸る大人4人なのであった。。


東日本大震災の記録
 あれから6年の月日が過ぎる。周りを見ると日常に戻った気がするが、あの時の時計まま時が止まった人が多くいると思うのである。
 
 哀悼の意を表すと供に、風化させないために当時の記事をアップしたいと思うのである。(今でもこの歌が大好きです!)

http://kamc.blog97.fc2.com/blog-category-13.html

https://www.youtube.com/watch?v=3CQJuAN2BEY&feature=related

 

行くぜ出張メシ! たからや(郡山市)
IMG_9387_20170311204424d68.jpg  IMG_9375.jpg

 これから白河への出張である。部下のジャガイモが目の前で仕事をしているので昼飯に誘う事にする。

 ラーメンを拒み、飯にこだわるジャガイモである。が、強引にラーメン屋へと誘う事にするのである。

 味噌ラーメンを頼む事にする。味噌ラーメンしか頼んでいないのに、飯に小鉢、目玉焼きがデフォルトでセットされるのである。

 それが「たからや」の流儀なのである。どうだジャガイモ!飯も喰えるぞ!と思いながら、冬は味噌ラーメンを喰らう昼時なのであった。。

IMG_9378.jpg  IMG_9383_201703112044286e5.jpg
北の酒場通りには#6(串の末広)
IMG_9625_2017031112081831d.jpg  IMG_9614_20170311120819f36.jpg

 「全国大衆酒場を巡る会」の仙台モリ事務局長が郡山へ来たので酒盛りをするのである。

 日本7大焼き鳥と言えば、北海道美唄市、北海道室蘭市、福島県福島市、埼玉県東松山市、愛媛県今治市、山口県長門市、福岡県久留米市である。(誰も知らなと思うけど、、)

IMG_9615_20170311120820e18.jpg  IMG_9617_201703111208220e2.jpg

 しかしながら郡山市の焼き鳥レベルは、福島市のそれを上回るのではないかと思うのである。

 この「串の末広」しかりである。ビールを飲み干し、おでんと焼き鳥を合わせる。

IMG_9618_201703111208350a5.jpg IMG_9631.jpg

 そして「全国大衆酒場を巡る会」の仙台トレハ幹事長がオススメする刺身である。焼き鳥やながら非常にレベルが高いのである。

 これに新潟の緑川を合わせる。クフーうめーと二人して涙するのである。

 そして郡山最終の新幹線に乗り込む。それは北海道新幹線の車両であった。

IMG_9633.jpg  IMG_9632.jpg
 
 福島でモリ事務局長と別れ、東北本線の仙台方面最終列車に乗り込事にする。駅構内を歩いていると業務用携帯が鳴るのである。

 電話に出ると切れていた。掛け直しても出ない。緊急事態発生かと思い携帯の画面を見ながら車両に乗り込む。

 すると電車が動きだす。それも反対方向に。なんと郡山方面の最終列車に乗ってしまったのである。

 とりあえず南福島駅で降りる事にする。誰もいねー。そして俺が緊急事態に陥る事になるのであった。。(泣き!)