このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
北の酒場通りには#31 (郡山市 串の末広)
IMG_2954.jpg  IMG_2930_20170813072719b74.jpg

 一見すると場末の焼き鳥屋に思われるが、ここも郡山で旨い日本酒を飲ませる店の一つである。

 お通しと焼き鳥をビールで流し、そして日本酒とする。

IMG_2931_20170813072708f19.jpg  IMG_2934.jpg

 この日は全国大衆酒場を巡る会の福島企画総務部長とのサシのみである。

IMG_2932.jpg IMG_2935_20170813072713992.jpg

 ここは日本酒の銘柄を指定することはできずに出されたものを飲むスタイルである。

 出される日本酒は都度銘柄が違うのである。が、どれもキッチリと冷えた旨い一杯である。

IMG_2936_20170813072716d9b.jpg  IMG_2943_2017081307271728d.jpg

 そして刺身である。全国大衆酒場を巡る会の仙台支部 トレハ幹事長お墨付きの刺身である。

IMG_2938_20170813072722990.jpg IMG_2944_201708130727206fd.jpg

 刺身は貝、イカ、白身に赤身とバランスよく盛り付けられている。口に広がる刺身の甘みを冷えた日本酒の辛味で流す。

 くふぅー。幸せな気分になるのである。

IMG_2947_2017081307272331c.jpg IMG_2950_20170813072725520.jpg

 が、日本酒と刺身を大人買いした結果、焼き鳥屋なのに、一人7000円と割烹に行ったかのような値段となるのであった。。

   
北の酒場通りには#30 (郡山市 田ざわ)
IMG_0942_20170812134217b61.jpg  IMG_0909.jpg

 郡山の酒場街の特徴の一つが、旨い日本酒を飲ませる店が多い事である。

IMG_0903_201708121342196c8.jpg  IMG_0912_201708121342213ef.jpg

 同僚たちと「田ざわ」なる店の暖簾を潜る事にするのである。

 そして「豊盃」や「田村」などのキッチリ冷えた日本酒で刺身を流すのであった。。

IMG_0915_20170812134226762.jpg  IMG_0923_20170812134228bdf.jpg

 
北の酒場通りには#29 (郡山市 チャップリン)
IMG_0840_20170812133257542.jpg IMG_0842_201708121332554fa.jpg

 「チャップン」といえば「モダンタイムス」か「ロンリー」である。

 話によると、ここは以前、いくら飲んでも3000円だったようである。が、自分が郡山に着任した頃は4000円に値上がりしたようである。

 が、最近は5000円のようである。

 が、お通しが豪勢でウイスキーも良いものを飲ませてくれ生ビールも飲み放題なのである。(安いと思います。)

 この日は「ミスチル」の「HANABI」と「ファンモン」の「ヒーロー」を熱唱した気がする。別れゆく部下のために・・・


北の酒場通りには#28 (郡山市 天ちゃん)
IMG_3823.jpg  

 日本7大焼き鳥の一つが福島の焼き鳥である。が、郡山のそれの方がレベルが高いのである。

IMG_3813_20170811222340437.jpg  IMG_3815.jpg

 この日は上司とサシで飲むのである。お通しのきゅうり漬けをツマミながらモツ煮を待つ事にする。

IMG_3817.jpg 

 趣味の話をしながらササミの刺身を待つのである。旨いササミの刺身をアテに正しいチューハイを飲む事にする。

 焼き鳥を正しいチューハイで流しならが仕事の話をするのである。

IMG_3819_20170811222346604.jpg  IMG_3822_20170811222344d01.jpg

 そして我思う。やっぱり「天ちゃん」のレベルは高けーなー、って。。
行くぜ休日出勤メシ! お好み本舗 ぽぽ (郡山市)
IMG_3885_20170729211113a72.jpg IMG_3870_201707292111129b9.jpg

 相棒の餡を呼び出しパワーランチとするのである。休日出勤の仕事を午前中で終えては昼ビーとする。

 第二の人生を歩んだ餡の話を聞きながら二軒目へと突入するのである。

IMG_3872_2017072921111566b.jpg IMG_3873_20170729211115384.jpg

 ここは郡山での昼のみ最安値ゾーンな店である。が、経営者が変わったのか、味と値段が微妙に変わった気がするのである。

 二人で焼きそばやお好み焼きをやっつけチューハイで流すのである。そしてサービスの玉こんを頬張りながら思うのである。

IMG_3876_20170729211117821.jpg IMG_3881_201707292111205b4.jpg

 浜田省吾先生の「風を感じて」では「自由にいきてく方法なんて100通りだってあるさ」との下りがある。

IMG_3883.jpg

 だぞ!餡!って思うのであった。。