FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
行くぜラーメン! 喜多方市 中華そば橙
IMG_3911.jpeg IMG_3904.jpeg
 
 令和元年、最後の一杯なのである。車がないので、歩いて朝ラーして年末の買い出しなのである。毎日、何キロ歩くのだろうと思うのである。

 チョモランマ情報によると、ここの店主は来夢(ライム)で修行したらしい。ライムの柑橘系つながりで、橙(だいだい)らしいのである。

 確かに来夢っぽいテイストなのである。チャーシューが目一杯乗った喜多方ラーメンは満足する元年最後の一杯なのであった。。(実家まで遠いっぞ!)

IMG_3906.jpeg IMG_3908.jpeg
行くぜラーメン! 会津若松市 喜多方ラーメンまるたか食堂
IMG_3828.jpeg

 まだまだ令和元年のB級グルメ旅は続く事になるのである。

 ここはJR会津若松駅前にある喜多方ラーメン店である。昔に「めでたいや」の分店があった場所なのである。

IMG_3830.jpeg IMG_3832.jpeg

 どうやらJR東日本東北総合サービスが経営するのかプロデュースした店の様である。

 が、何気に旨いのである。喜多方に比べ、醤油が強く、麺は丸みがかっている。スープは油が浮いたパンチがある一杯であった。

IMG_3835.jpeg IMG_3837.jpeg

 これもアリだな。って思う一杯なのであった。。
令和2年2杯目 喜多方市一平「特製ラーメン」
IMG_4018.jpeg

 お袋と弟と年末年始にひたすら酒を飲み続けるのである。

 子供の頃の貧乏生活の話や、亡くなった親父の思い出や、親戚との酒飲みなどなど、楽しい年年末年始であった。

IMG_4012.jpeg IMG_4014.jpeg

 ビールを2ケース空け、日本酒を2本空けた。三日日で・・・

 酒も無くなったので帰る事にする。それは「酒と共に去りぬ」状態なのである。

IMG_4015.jpeg IMG_4016.jpeg

 喜多方駅に向かう途中に一平にて朝ラーとする。久しぶりに弟に奢ってやるかと思い「特製ラーメン」を奮発する事にする。

 が、酒で疲れた胃にはパンチがあり過ぎる一杯である。何とか完食しては、そして喜多方の年末年始も終わるのであった。。

令和2年1杯目 喜多方市塩川屋「潮辛しみそニララーメン」
IMG_3999.jpeg IMG_3998.jpeg

 実家には電車で帰ってきたので、昼飯を食いに行くにも、買い物に行くにも、飲み会に行くにも歩きである。

 幸い、雪が降っていなので歩きやすく、年末年始の暴飲暴食対策にも打ってつけなのである。

IMG_3988.jpeg IMG_3991.jpeg

 元日の朝ラーは、「塩川屋」とするのである。車があれば偵察するのであるが、移動する余裕がないので狙い撃ちである。

 大晦日に実家に帰ってきた弟とビール片手に歩きながら朝ラーへと向かう。その間に色々な話をしては朝の散歩が盛り上がるのである。

 令和2年の一発目は「潮辛しみそニララーメン」とする。これが実に旨いのである。喜一の「赤塊」を彷彿させるグレイトなレベルなのである。

 それは令和2年の「第11回カムC空次郎が勝手に選ぶラーメン・オブ・ザ・イヤー」の暫定ポールポジション的な一杯なのであった。。

IMG_3994.jpeg
行くぜラーメンメシ! 喜多方市 一平 特製ラーメン
IMG_3426.jpeg

 とある事情により、急遽に喜多方へと帰る事にする。昼飯など喰らう時間も無かったので遅い時間の昼飯となるのである。

 お袋と一番弟子と喜多方ラーメンを喰らう事にする。一平の特製ラーメンを頼む事にする。

IMG_3427.jpeg IMG_3429.jpeg

 それは、白髪ネギとチャーシュー、背脂、そしてニンニクが入った特製なのである。

 一番弟子曰く、それはベスト10に入る喜多方のグレイトとの事である。確かに旨い、確かに、それはご馳走なラーメンなのであった。。

IMG_3430.jpeg IMG_3433.jpeg