FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
金山町で幻の温泉に入る
 一族郎党で奥会津へとドライブをする。春の心地よい日差しのなか車を走らせるのは気分がよいものである。

IMG_9112.jpg IMG_9115.jpg

 奥会津一帯には鄙びた温泉が点在する。温泉マニアにとっては垂涎の的であり聖地ではないかと温泉ファンの僕は思うのである。

 目指すは金山町にある大塩温泉であるが、ここはB級グルメ仲間との冬の陣で訪れた場所でもある。今回は春先だけに温泉が沸き出すという幻の露天風呂を狙うのであった。

IMG_9083.jpg  IMG_9093.jpg

 その温泉は只見川沿いにあり「たつみ荘」の敷地の脇にあるケモノ道のような小道を下って行かなければならない。

IMG_9096.jpg  IMG_9107.jpg

 只見川の脇に作られた露天風呂でありモチロン脱衣所などない。野っぱらに衣服を脱ぎ捨て二番弟子と弟や甥っ子達と湯船に浸かるのであった。

 その温泉は温めであり30分くらい湯に浸かっていた。すぐ脇には只見川が流れるので景色もよい。只見線を走る列車も観る事ができるので更にいい感じである。

 4組の人が入っていたが、そのうち2組は大阪から態々この温泉の為だけに来たらしい。やはり温泉マニアにとっては外せない物件のようである。

 春になり只見川の水位が上昇すると地下から押し出される様に温泉が溢れ出るようである。
 
 溢れ出た温泉は塩分と鉄分、そして炭酸を含んでおり、その佇まいといい、その存在の不思議さといい、そしてそのロケーションといい、日本屈指のB級な温泉ではないとかと思うのであった。(温まったー、竹原で馬刺を買って家でビールのもっと!)
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック