このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
喜多方の朝ラー文化  大みなと味平
IMG_8749_20170106215444db4.jpg IMG_8753_20170106215442a66.jpg

 そしてカラオケにて浜省を熱唱する。

 デンジとチョモとカムCにて浜省ライブを一時間ほど展開した後にヤマケン隊長が合流するのである。

 ヤマケン隊長とは喜多方を代表する最強の軍人である。

IMG_8758_20170106215522f8d.jpg 

 グリーンベレー、KGB、CIAなどの軍事カリキュラムを幅広く経験し精通する喜多方の逸材である。

 てな、わけもなく。彼は最強の凡人なのである。が、軍事系のボードゲームには非常に精通する喜多方随一の軍人なのである。

 その隊長らとカラオケで熱唱しては、喜多方のラーメン屋で〆ラーを喰らい実家にて深い眠りへと付く。

IMG_8770.jpg IMG_8779_20170106215445bab.jpg

 そして翌日の朝ラーである。眠い目を擦りながら一族郎党にて「大みなと味平」の暖簾を潜る事にする。

 着丼した喜多方ラーメンが素敵なのである。一口すする。

 パツパツした喜多方の多加水麺が非常に熱くて歯に染み入るである。

IMG_8773_201701062155472af.jpg IMG_8778.jpg

 「あっつぐねがったら んまぐねぇびした」なるキャチコピーが目に止まるのである。

 「ラーメンは熱くなかったら、美味しくないと思います。」とのメッセージなのである。

IMG_8775_2017010621545415a.jpg IMG_8774.jpg
 
 その通りに熱々の「大みなと味平」の喜多方ラーメンは実に旨かった!実に旨い朝ラーなのである。

 変なこだわりはいらん!シンプルで熱くて麺がパツパツした、やや固めの喜多方ラーメンが一番旨い!と思うのであった。。


関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック