このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
行くぜ鉄山! いい湯だな!
IMG_7404.jpg IMG_7405_20161113202939fdc.jpg

 山登りの後のフルーツが温泉なのである。山登りで疲れた体を癒すには温泉が一番である。

 野地温泉付近でエスタブリッシュなホテル三軒に入浴を断られ、途方にくれる大ボスとカムC空次郎である。

IMG_7407_2016111320294017d.jpg IMG_7425.jpg

 大ボスが「赤湯温泉の看板があるぞ!」とナビをしてくれるのである。温泉マニアとしては果敢に攻めねばならぬ物件である。

IMG_7422.jpg IMG_7417_20161113202907876.jpg
 
 湯治場感あふれる赤湯温泉は、温泉マニア垂涎の雰囲気を醸すナイスな温泉であった。

 内湯と露天がある赤湯温泉は実に自由な温泉である。内湯と露天風呂の移動は裸体で可能との事である。

IMG_7411_20161113202904f6d.jpg 

 鉄分あふれる赤い湯の内湯に入る。源泉は熱く油断をすると湯船の温度が48度を超えそうな熱さなのである。

 しっかりと鉄分を補給し、その後に露天の湯へと移動するのである。白の露天風呂は実に不思議な空間であった。

IMG_7410_2016111320290332c.jpg IMG_7420_20161113202901f6c.jpg

 石油タンクと思ったいたら、大ボスが「脱衣所じゃないか」と言う。恐る恐る開けると脱衣所なのである。

 大爆笑をした後に湯船へと浸かる二人なのである。湯船で色々な話をし遠くを眺める二人である。

 大ボスの嗅覚から発掘した温泉であるが、それは赤と白が実に印象的な温泉なのであった。

 

 行くぜ鬼面山!箕輪山!鉄山!そして赤湯温泉・・・終わり!
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック