このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
ポケモンGOについて考えてみたー!
IMG_4843.jpg

 自分はゲームをほどんどしない。人生でトータル10時間もテレビゲームなどをしていないと思うのである。

 何故ならば、自分自身の人生がゲームだからである。(てかっ)

 が、「ポケモンGO」が世間を賑わせているので、話のネタにやってみる事にするのである。

 キャラクターを2個ゲットして飽きる。が、「ポケモンGO」はコロンブスの卵的な発想だなーと感心してしまうのである。

 クラウド側にて緯度経度の座標軸とキャラクターをマッピングし、タイムススケジューリングすれば「ポケモンGO」が出来てしまうと思うのである。(たぶん)

 実に単純な発想であるが、誰もそれに気が付かなかったのである。

 「ポケモンGO」は「Ingress」なる位置情報を利用したゲームを開発した「NIANTIC社」と「株式会社ポケモン」が共同でプロデュースしたようである。(たぶん)


 「ポケモンGO」の凄さは、そのコンテンツの中身の凄さではないと思うのである。

 その凄さは、スマホを利用して街中でバーチャルなモノをハンティングする。といった行動インフラを作ったことにあると思うのである。(メイビー)

 このインフラを使えば「ポケモン」以外にも、ご当地の「ゆるキャラ」をマッピングしたり、「グルメ情報」をマッピングしたり、「クーポン」をマッピングしたりと、利用方法が無限に広がると思うのである。

 スマホをかざして、バーチャルなモノを探しては街中を歩く。これは、すごい消費行動につながるのではないかー。って思うのであった。。


関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック