このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
行ぐぜ、仙台。(亘理町の「はらこ飯」)
IMG_4083_201411031657541f0.jpg

 仙台で暮らして早や半年である。仙台に住んで好きになったものが二つある。一つは「海鞘酢」であり、もう一つが「はらこ飯」なのである。

IMG_4105_201411031702343f1.jpg IMG_4106_20141103165752ea2.jpg

 「古々がみそ」にて「はらこ飯」を喰らい、そして「はらこ飯」に恋に落ちるのである。

 駅弁の「はらこ飯」を追い求めたり、居酒屋メニューの「はらこ飯」に触れてはドキドキしたりするのである。

IMG_5206_2014110317022954e.jpg

 触れる程に「はらこ飯」が好きになるのである。そして「はらこ飯」について、もっと知りたくなるのである。

 どうやら「はらこ飯」とは宮城県は亘理町に伝わる郷土料理のようである。

 鮭の煮汁で米を炊いた茶褐色のご飯の上に、煮たシャケの切り身とイクラを散りばめたものが「はらこ飯」のようである。

IMG_4722.jpg IMG_4725.jpg

 近所の居酒屋の前を通ると「はらこ飯」のノボリが立っていた。思わず買っては、その味を求めるのである。

 仙台駅の地下街をウロつくと「はらこ飯」が入った弁当がで売られていた。新しい「はらこ飯」との出会いにドキッとするのである。

IMG_4229_20141103170249128.jpg IMG_4231_2014110317023101c.jpg

 そして近くのスーパーでは、夕刻の頃に「はらこ飯」が投げ売りされているのである。

 ナンカ愛おしくなっては「はらこ飯」を購入し、愛おしみながら頂くのである。

IMG_4733_20141103170232c87.jpg IMG_4734_20141103165753702.jpg

 そして、この秋に食べた「はらこ飯」の中で一番恋した「はらこ飯」が、亘理町出身のYさんが作ってくれた郷土料理の「はらこ飯」である。

 その亘理町に伝わる伝統の手作り「はらこ飯」はグレイトであった。炊いた飯の間に散りばめられたシャケの身も実にナイスな仕事をしている。

 その味付けといい、シャケとイクラのバランスといい、ご飯とシャケ、イクラの盛り方といい・・

 どれを取っても最上級の出来栄えなのである。この味に惚れた。その一言である。メッチャ旨かったすっ。!!

IMG_5429_2014110317024842a.jpg IMG_5435_201411031702511e6.jpg


関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック