このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人
フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人 (朝日新書)フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人 (朝日新書)
(2013/12/13)
速水健朗

商品詳細を見る


 ビーガン、マクロビアン、フランケンフーズ、ナチュラル・ハイジーンなどの言葉を知っている人は食に敏感でアンテナが高い人なのだろうと思うのである。

 それらの言葉を、この書籍を読んで初めて知るアンテナの低い人間なのである。

 イデオロギーにより左右が分断された時代があったが、今は食生活という行動を通して左右に分断されるようである。

 アメリカの保守層は週末にアメリカンフットボールを見ながらクアーズビールを飲み、リベラルな都市部の人々はシアトル系のカフェにてアップル製品でネットを泳ぐようである。

 自分はどっちかなーと読了し思うのである。ビーガンとかマクロビオティックなんかに興味はないし、ラーメンが大好きな自分を振り返ると俺ってフード右翼なのかなーって思うのであった。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック