このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
郡山ホルモン三重奏
IMG_9966_2014032909173639e.jpg IMG_9954.jpg

 京都の旅を終えて数日が過ぎる。群馬支部長から郡山で飲もうとメールが入るのである。

 群馬支部長は運行が終了する上野と青森を結ぶ寝台特急の「あけぼの」に乗って、山形経由で郡山に入るとの事である。 

IMG_9949.jpg IMG_9961.jpg

 群馬支部長はモツマニアである。赤羽や十条、上野、蕨などに連れて行ってもらってはモツを喰ったものである。

 自宅がある渋川に遊びに行った際には、モツの名店「永井食堂」にてモツ定をご馳走になるのである。

IMG_9974.jpg IMG_9967.jpg

 なので、郡山に来るのであれば、郡山が誇る「モツ」で歓迎せねば男が廃れるのである。

 まずは、郡山駅前の表玄関にある「味堂」にて、お出迎えである。ここは「じゃりン子チエ」に出て来るような正統派なホルモン焼き屋なのである。

IMG_9969.jpg IMG_5836.jpg

 続いては、郡山駅前の奥座敷にある「大豊」でホルモン二次会とする。一杯だけ大生が500円な男前ビールで乾杯する。
 
 ここは塩ホルモンが実にナイスな店なのである。ビールと塩ホルモンの相性が抜群なのである。

IMG_9975.jpg IMG_9979.jpg

 クロージングは郡山駅前の中庭にある「ホルモン道場」とする。

 コークスが赤々とする七輪でホルモンを焼いては、デカイウーロンハイでホルモンを流すのである。旨すぎて白米を頼むのである。

IMG_9982.jpg IMG_9984.jpg

 葬式テツの群馬支部長も郡山のホルモン三重奏にご満悦である。

 一日三件の郡山ホルモンを喰ってはビールやウーロンハイを飲み干す。

 そんなディープな郡山ホルモンの夜を過ごしては、群馬支部長は群馬へと東北新幹線で戻るのであった。


関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック