このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
Bitcoin(ビットコイン)
 酒場放浪記のような記事ばかり書いているので、タマにはマトモな記事でも書こうと思うのである。

 いま一番気になる事と言えば、Bitcoin(ビットコイン)の行方である。

 本日の報道では、ビットコイン取引所の「マウントゴックス」が民事再生法を申請したようである。

 毎朝、何となく読んでいる日経新聞で、その存在を知ったのは昨年の5月頃であった。

 ネットで取引される仮想通貨の記事が載っていたのである。

 ビットコインとは中央銀行が発行する貨幣ではなく、ネットを流通する仮想通貨なのである。

 その始まりはサトシ・ナカモトなる謎の学者が2009年に「ビットコイン:P2P 電子マネーシステム」なる論文をインターネットに発表した事に端を発する。

 その論文を元に、インターネットの世界でビットコインの仕組みが創られ、そしてビットコインが流通し、リアルマネーやマテリアルとビットコインが世界各地で交換されているのである。

 このビットコインが注目され始めたのは、幾度となく繰り返されるヨーロッパの通貨危機や、中国バブル崩壊の懸念からマネーの避難先として利用された頃かららしい。

 国境を超えたマネーの移動が手軽に出来る事も利用が進む理由の一つのようである。

 その一方でマネーロンダリングやテロ組織へのマネー送金手段ではないかとの懸念もあるようである。
 
 ただの紙切れである紙幣は信用の元に対価と交換されるが、ビットコインも多くの人の信用を元に仮想通貨として取引されているのである。

 1万円は1万円の価値しか生まないが、ビットコインは発行上限がプログラムで2100万ビットコインと決まっている。

 そのために需給のバランスにより1ビットコイン当りの価格が変動するのである。

 数年前に2万ビットコインでピザを2枚注文した人がいたそうである。

 が、その2万ビットコインを保有していれば、今では9億円の価値があるのである。

 ビットコインとはなんなのか。それはSHA256(シャーニゴロ)なるハッシュ関数で作られる256桁の数値らしいのである。

 この256桁のうち、先頭16桁がオール0の数値となれあればビットコインとなるのである。

 このビットコインであるが、個人でも生成が可能なのである。実際に生成マシーンがネットで普通に売られているのである。

 中央銀行が発行する貨幣と違い、数値の羅列を見つければビットコインとなることから金鉱脈に例えられる。

 その生成過程を発掘と呼ぶらしいのである。しかし発掘できる確立は非常に低く金と同様に希少価値があるようである。

 今回、騒ぎになっているのは、渋谷にあるビットコイン取引所が取引を停止し数百億円の金が中に浮いた事による。

 新聞報道ではハッキングの被害に会ったのではないかとの事である。

 とあるオピニオンリーダーがネットの記事でビットコインについて記述していた。

 ビットコインは単なる仮想通貨ではなく、Linuxのようなオープンソースに通じる哲学があると。

 ビットコインが支持される理由はインターネットの世界観やオープンソースの哲学がバックボーンにあるからであると言う。

 資本や政府といった中央にコントロールされないものが本来のインターネットである。そんな思想をもったフラットでオープンでクリエイティブな人々が構築したのがビットコインなのである。そのプロセスがLinuxの誕生のプロセスに通ずるとの事である。

 その記事を読み読みながら、ローマ帝国がキリスト教と手を結び近代を創ったうように、インターネットの哲学や世界観を規範にビットコインが結びつけば、世界政府が出来るのではないかと思ったものである。

 今回のハッキングも、それを拒む勢力が・・・なんか小説のネタになりそうなのである。(小説家ではないけど。)

 どうなるのかBitcoin(ビットコイン)の行方、なんだか非常に気になるぞ。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック