このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
喜多方市 キンモクセイ
IMG_8525_201401120857323f4.jpg

 なんちゃって喜多方山学会の面子は「魚活」にて日本酒で刺身をやっつけた後にスナックへと移動する。

 過去15間の統計をみると、その年の最後に酒を飲む酒場率のナンバーワンが喜多方にある「キンモクセイ」なのである。

 なんか良い感じでシットリと飲んでいる。すると若者達十数人が入ってきた、シットリした時は破られるのである。

 そして、なんかカッコいい歌を歌い始める。オジさん達は曲名も歌手も判らない。若者に曲と歌手を聴くが酔い覚めと供に忘れるのである。

 折角のシットリ感がチャカチャカ感に変わってきた。「やられたら、やり返す、倍返しだ」

 チョモランマとデンジと作戦会議をする。若者達のカッチョイー曲に対してオジさん達のカッチョワリー曲をブツケル事にする。

 まずはデンジがアリスの「遠くで汽笛を聞きながら」を歌う。そしてカムCがチューリップの「心の旅」を歌い、トドメはチョモランマの「男と女」とする。

 デンジが参戦しチョモランマとで「男と女」を熱唱する。そしてカムCが弾けないギターを奏でアシストする。

 どうだ若者達シラケたか。と思いきや、若者達は曲を聞き入れ拍手などして盛り上げてくれるのである。

 年末に飲み歩く。ナンもない喜多方であるが、ナンかある喜多方が増々好きになるのであった。。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック