このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
燕・三条ラーメン紀行 その4
IMG_5696.jpg 

 西燕駅に到着する。これまた駅前に何もない。燕ラーメンの元祖とされる「杭州飯店」まで歩く事にする。

 一キロ強の道のりを歩くと三階建てのビルが見つかる。暖簾を潜っては、中華ソバを注文するのである。

IMG_5708_20131013184735522.jpg  IMG_5705.jpg

 これが燕の背脂ラーメンの元祖なのである。刻みタマネギが載っている。

 背脂が浮いている。麺は平べったく太い饂飩のようである。

IMG_5698_201310131848098cd.jpg  IMG_5699_20131013184807554.jpg

 スープには酸味があり、良い意味でボソボソした麺と合う。パンチの効いたハードパンチャーなのである。

 これが元祖の味かーと、その味わいを噛み締めるのである。

IMG_5700.jpg IMG_5702_20131013184729a13.jpg

 燕三条駅、三条燕ICの存在が大きいためか、燕と三条を一体化して考えてしまうが、ラーメン文化的には、まったく違う土地であった。

 燕は背脂入りの極太醤油ラーメンで三条はカレーをメインとする変わり種ラーメンなのである。

 ならば燕三条ラーメンとするには、燕の麺に三条のカレーを載せるか、三条のカレーに背脂とタマネギを浮かせるかなどの組み合わせが必要なのである。

IMG_5711.jpg
 
 西燕駅前で時間を潰そうと思ったが駅間には何も無い。また固いベンチで昼寝をする。夏の疲れが残っているのか寝れるのである。
 
 起きては電車に乗り込む。体の節々は相変わらず痛い。。

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック