FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
コロナに関する一般的な考察@20 出口戦略その壱
IMG_7082_2020051014435559e.jpeg

 政治家でもなく、役人でもない。一ポンコツブロガーである。が、勝手に出口戦略などを考えてみる事にする。(暇だから!)

 まず注目すべきは日経平均株価である。そんなに下がっていない。

 今年の最安値は16,350円であるが、中国の景気減速等の外的要因に引っ張られた2016年の最安値の14,910円より高いのである。直近の終値は20,380円である。

 つまり、山一証券廃業を象徴する金融危機やリーマンショックの時とは違い、金融システムは破綻していないのである。

 日経新聞を読むと利益増益の企業が多数あることがわかる。

 たぶん、通信や物流、ゲーム業界、医療現場、医療品メーカー、家電量販、生活用品関連などなどでは増収ではないかと思うのである。更に政府の財政出動により金融機関も潤うと思うのである。

 JR東日本は400億円(0.04兆円)の営業利益が損失したと言うが、内部留保は2.4兆円である。大企業は対丈夫と思われる。

 GDPの6割を占める個人消費が、今回のコロナ禍にて止まったとメディアは報じ「経済破綻」と危機を煽っている。

 が、人々は外食、飲食、観光、宿泊には金を使っていないが、中食、内食、生活用品、テレ関連物資等には消費しているはずである。

 「経済破綻」と危機を煽っているが、個人消費に占めるサービス業の割合は2割程度である。(メイビー!)

 そして「STAY HOME」のスローガンの元、人々は自粛する。が、その分、不要不急以外には金を使わないのである。

 そう「STAY HOME」は「STAY MONEY IN HOME」状態なのである。ではSTAYしたMONEYを、どう使わせるか。

 それが出口戦略のキモになるのではないかと、思うのであった。。(ボンヤリと雨ふる日曜日の書斎にて・・・)