FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
溶けゆく環境 もう戻れない バンゲアの扉
IMG_8672_20180101141039481.jpg IMG_8669.jpg

 正月を迎える。朝風呂を浴びに熱塩温泉の共同浴場に出向く事にする。

 本日は無料であった。(ラッキー!) 日本経済新聞を買っては実家に戻り、そして山都そばを朝飯とするのである。

 今年の日経の最初の見出しは「溶けゆく環境 もう戻れない バンゲアの扉」であった。

 グローバリゼーションが始まったとされる、コロンブスのアメリカ大陸発見から500年の時が過ぎる。

IMG_8674_20180101141038d19.jpg IMG_8676.jpg

 明治維新・戊辰戦争から150年の月日が過ぎる現代である。

 そして超大国間のイデオロギーの対立の時代を経て、ネット社会の繋がりによる「溶けゆく環境」の時代へと移りゆくのである。

 パンゲアとは「全ての陸地」を意味するギリシャ語らしいのである。そう世界がネットで繋がりパンゲア化するのである。
 
IMG_8681.jpg IMG_8685_2018010114101433a.jpg
 
 パンゲアにすむ住民の価値観も変わってきた。「モノより思い出」から「思い出への共感」の時代となるのである。

 そしてハイコンセプトな人々が、パンゲアの住民を支配する時代である。

IMG_8683.jpg

 そんな時代に踊らされずに暮らすには、新聞を読み、文庫本を読み、畑で自分が食べるものを「つくる」生活だと思うのである。そう、そんな生活が一周遅れのトップランナーなような気がする。

 何でもネットに繋がる便利で憂鬱な時代である。そんなパンゲアなネット時代を生きる術こそが「アナログ的」な生活ではないのかなーと思う正月なのであった。。