FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
インターネット的


 コピーライターの糸井重里先生を代表するキャッチコピーといえば「おいしい生活」である。

 「おいしい生活」のキャッチコピーと月刊アクロスが自分にとっての1980年代の象徴である。

IMG_1551 (1)

 帯にあるが、10年前に書かれた書籍がいまのインターネット的な生活を予言しているのである。

 「インターネット」ではなく「インターネット的」である。それは自動車とモータリゼーションの関係で説明できるのである。

 自動車は移動手段である。が、その移動手段の出現によりモータリゼーションが巻き起こったのである。

 T型フォードの量産化により工場労働者が生まれる。労働者は郊外に家を建て、自動車で週末にスーパーマーケットに買い物に出向く。そして冷蔵庫などの家電製品の普及が進むのである。

 移動手段の自動車の出現により生活や社会構造が変わっていく姿がモータリゼーションである。

 インターネットの出現により、インターネット的な生活へと変わっていく事を指摘した本である。

 確かにインターネットの出現により情報流通や物流、人の繋がりまでも変わってしまうのである。10年前にソーシャルネットワークを予言していた凄い本なのである。。