FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
今年17、18、19、20、21、22杯目 第14回蔵のまち喜多方冬まつり 全国ラーメンフェスタ
IMG_9782.jpg  IMG_9784.jpg

 電車に揺られて後輩Sと喜多方へと向うのである。「第14回 蔵のまち喜多方冬まつり 全国ラーメンフェスタ」の模様を取材するためである。
 
 雪景色を車窓から眺めていると喜多方駅へと到着する。駅横にシャトルバスが待機していたので乗り込み会場へと向う事にした。

IMG_9787.jpg  IMG_9797_20140222204900f06.jpg

 今年は全国ラーメンフェスタを西日本から攻めては北上する事にする。まずは「尾道ラーメン 壱番館」にて尾道ラーメンをヤッツケルのである。
 
 四国や山陽の醤油って甘いのかなーと思うのである。低加水のストレート麺と、柔らかく甘めのスープがナイスな組み合わせなのである。

IMG_9791.jpg
 IMG_9794_20140222205005a9c.jpg

 広島に続いては徳島である。「東大×徳島ラーメン人生」のコラボである。東大は京都駅などに店を構える徳島ラーメン店である。人生は仙台に店を構える徳島ラーメンのようである。

 両者がどのようにコラボしているか不明であるが、生卵と乳化したコクのある甘いスープが合うのである。

 そして煮込んだバラ肉が小粋な仕事をしている一杯なのである。白米が喰いたい・・

IMG_9802.jpg IMG_9805.jpg

 西日本を後にして、東日本圏内へと突入する。東京の「らあめん元~HAJIME~」にて本日の三杯目をヤッツケルのである。

 平打ちのピロピロ麺がパスタっぽい。その麺と塩の鶏白湯と合うのである。麺の存在感に圧倒されるラーメンなのであった。

IMG_9808.jpg   IMG_9811.jpg

 続いて、函館の「函館麺厨房 あじさい」とする。澄んだ塩スープと細ストレート丸麺が合う旨い一杯である。

 なんか細麺の盛りが良いのである。この時点で腹が一杯になる。

IMG_9824_201402222122063fa.jpg  IMG_9826.jpg

 四杯を喰らった時点で箸が止まるのである。腹ごなしに駅方面へと相棒の庵と後輩Sと歩く事にする。

 庵曰く「おくや」の「ピーナッツきんつば」が旨いらしいのである。

 スーツは別腹だということで、三人して喰らうのである。きんつばの衣とピーナッツのトロっとしたペーストが合うのである。

 しかし別腹と思ったスイーツは、更に満腹中枢にストレートに響くのである。旨いきんつばがハードルを上げるのである。

IMG_9833.jpg   

IMG_9835.jpg  IMG_9836.jpg

  ここまで来たら、なんとしても全国制覇である。5杯目の「札幌麺や 鬼てつ」にて札幌ラーメンをヤッツケルのである。
 
 カンスイが強いのか麺が黄色み掛っている。太い玉子麺がゴワゴワしている。濃厚な味噌スープが札幌ラーメンだなーと思わせる一杯なのであった。
 
IMG_9840_2014022220502394e.jpg IMG_9844.jpg

 6杯目である。やっぱ最後は喜多方である。これで全国ラーメンツアーも終了となる。
 
 喜多方老麺会のドリームチームが作る喜多方ラーメンである。毎年、旨い一杯を出してくれるのであるが、今年は格別に旨い一杯なのである。

 鶏、豚などの獣系と節の魚系のバランスがよい。多加水のモチモチ麺と程よい油の浮いた醤油がナイスなのである。

IMG_9847_201402222049420e3.jpg IMG_9850.jpg

 そして6杯完食の全国制覇を終える。振り返ると喜多方ラーメンの完成度の高さが光る全国ラーメンフェスタなのであった。