このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
喜多方の昼ラー 源来軒
IMG_7343.jpg       

 ダッチ親方への弟子入り二日目を迎える。午前中の目標はポーチに屋根を葺くまでとの事であった。

 結構これが重労働なのである。なので普段は食べない朝飯を食べても腹が減るのである。

IMG_7363_20131211062540389.jpg IMG_7362_201312102056494fe.jpg

 ダッチ親方と昼は源来軒へと足を運ぶ事にした。店の前の道路の拡張工事が始まっており両隣の建物は既に撤去されていた。

 店へと入る。何故かいつも二階に通されるのである。そして何故か誰も居ない。

IMG_7349.jpg

 奮発してメニューには載っていないチャーシューワンタンメンと餃子を注文する。1500円の大人買いである。

 店の人に拡張工事の話しを聴く。どうやら店を一時的に閉め、建物のツラを奥に引っ込めては再開するようである。

IMG_7356_20131211062538407.jpg IMG_7352.jpg

 源来軒のご主人とは、とあるご縁で団体旅行をした事がある。

 自分を覚えているか不明であるが、宇都宮駅前で喜多方老麺会のチラシを撒き、磐越道のICで反省会をしたものである。

IMG_7359_20131210205657111.jpg IMG_7357_20131211062541f5a.jpg

 とても元気がありパワフルであった。お孫さんか、甥っ子さんが店を継いでいるようなので、喜多方の元祖の味は安泰のようである。

 しかし喜多方元祖の源来軒を真似た「源来軒インスパイア」が存在しないのが喜多方の謎なのである。

 ポーチは二日間で完成した。そしてヘロヘロになりながら家路につくのであった。。