FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
天空の城のような景色に遭遇する vol.4
 相棒のダッチと一緒であれば、コヒーを飲んだり朝ラーを作って食べたりしては、出発が6時を過ぎる事になる。

 しかしソロである。ささっと食事を済ませるとブルーマウンテンさんやお世話になった山屋の面々にお礼を言って山小屋を出る事にした。

 いつもより一時間は早い5時スタートとなる。そして、これが幸いするのである.

IMG_5928.jpg IMG_5947.jpg

 外はガスガスしている。一日中霧の中かなーと思いながらヘッドライトを頼りに山を登り始める。

 しかしながら歩き始めて10分もすると景色が開けてくる。その先には素晴らしい雲海が広がるのである。

 遠くには月山や鳥海山が見て取れる。その雄大な広がりをみせる雲海からは、少しずつオレンジの光が滲み出て来る。

IMG_5965_20131023220157dd2.jpg IMG_5994.jpg

IMG_5998_2013102323210991c.jpg IMG_6005_20131023220133456.jpg

 夜明け前の空は深い青なのである。深い青からオレンジの光が滲む。自然の美しさに畏怖し30分ほど見蕩れる事になる。

 素晴らしい山旅であった。竜門小屋から大朝日岳まで行程は秋晴れに映える稜線を見ながら優雅に歩くのである。

IMG_6011.jpg IMG_6018_20131023220059ceb.jpg

 そして大朝日岳の頂上に到着する。そこには雲海が360℃覆い尽くす白いパノラマがあるのである。

 天空の城である。天空の城のような景色に遭遇するのである。

IMG_6045.jpg  IMG_6037.jpg

 暫くボッとしながら贅沢な時間を過ごす。見飽きないがダッチが麓で待つので下山する事にした。

IMG_6024.jpg  IMG_6021_20131023232540951.jpg 

 山頂から暫く歩くと大朝日小屋に到着する。着いた瞬間に回りにガスが張られ突然視界不良となる。

 偶然にも僕が竜門小屋を出て、大朝日小屋に着くまでの間だけ晴れ渡っていたのである。

IMG_6044.jpg IMG_6050.jpg

 超ラッキーである。この日の朝日連峰で一番ツイている男が僕ではないかと思うのである。なんか持ってんのかなーと思うのであった。。

天空の城のような景色に遭遇する・・・完