FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
勝利も敗北もないまま、孤独なレースは続いてく
 米沢にてハーフマラソンに参加する。今年で5回目の挑戦である。

 勝ち負けを争う戦いではない。自分との闘いなのである。勝利も敗北もないまま、孤独なレースが続く闘いである。

 過去4回のタイムは1時間40分を切る事がなかった。今年の闘いは時間の壁との闘いである。

IMGP1410.jpg IMGP1413.jpg

 10Kmまでは体も軽く4分30秒を切るラップが続くのである。しかしながら13〜4Km過ぎからペースが徐々に落ち始めるのである。

 15Km付近では遂に4分30秒を越えるラップタイムとなる。ここからが自分との闘いが始まるのである。

 ミスチルを聴きながら力を振り絞る。無理矢理前に進ませるのである。勝利も敗北もないまま、孤独なレースが続くのである。

IMGP1421.jpg  IMGP1417.jpg

 ゴールする。結果は1時間35分台であった。ラップも4分30秒をキープしたのである。45歳を目前とした中年オヤジにしてはまずますである。

 ゴールをした後に振る舞われる「いも煮」を食べることにする。流石は山形の本物である。上品で深い味わいに感動するのである。

IMGP1427.jpg  IMGP1430.jpg

 闘いを終えて家路へと着くことにした。米沢駅前で弁当とツマミを買い、飯坂温泉の湯に浸かっては家に戻るのである。

 書斎で祝杯をあげる。米沢の駅弁当を広げビールで流すのである。自分との闘いを終えた後のコレがたまんないんだよなーって思うのであった。

IMGP1431.jpg  IMGP1433.jpg