FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
新幹線をつくった男
新幹線をつくった男 (PHP文庫)新幹線をつくった男 (PHP文庫)
(2012/01/07)
高橋 団吉

商品詳細を見る
 
 2011年3月11日は東日本大震災の記憶と供に、戦後の科学技術を象徴する二つのシステムの明暗が別れた日として記憶されるのかも知れない。

 原子力発電システムは人類による制御が不能となり暴走してしまったが、その一方で新幹線というシステムは制御機能が働き一人の犠牲者を出す事もなく緊急停止するのであった。

 この本には島秀雄という鉄道人が歩んだ人生の軌跡と鉄道への哲学が描かれているのである。

 島秀雄氏は戦前と戦後を象徴する二つの鉄道システムを造った鉄道人なのである。

 そうD51を設計し新幹線というシステムを作り上げた伝説の鉄道人である。

 なぜ原発が爆発し、一方で新幹線が緊急停止しては、二つのシステムが明暗を分けたのかは判らない。

 しかしながら新幹線が世界に安全性を証明したのは、今でも島氏の遺伝子がJRの技術陣に受け継がれている結果なのだと書籍を読み終えて思うのであった。