FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
石転び沢で自分が転ぶ 前編
 飯豊山は懐が深く、それぞれのルートが険しく厳しい山なのである。

 故に達成感は何事にも代え難いものであり、山頂でのビールは至福の時をもたらす事になる。

 その飯豊山のメジャールートでまだ踏破していないのが「ダイクラ尾根」と「石転び沢」なのである。
 
 いつかは登ろうかと思っていたが、ダッチより「石転び沢」への誘いの電話が入るのである。

 6月は雪の締まり具合もよく登り易いとの話である。アイゼンを購入しては出かける事にするのである。

 日帰りの計画とするのであるが、早朝のスタートダッシュを考えて前泊にする事にした。

IMGP8890.jpg

 前泊候補として梅花皮荘と川入荘を選び電話するが、宿泊費が9000円近いので断念することにするのである。

 近隣の宿泊施設を探すと一泊630円の施設が見つかったのである。これ幸いと予約をする事にする。

IMGP8899.jpg IMGP8897.jpg

 米沢で宴会のアテと酒を買い込み、宿へと向かうがナビに釣られて山道を走行すると行き止まりとなるのである。

IMGP8891.jpg IMGP8893.jpg

 何か不吉である。受付を澄ませ宿泊施設に入る事にするが、部屋が何か薄気味悪いのである。
 
 しかたがないので、ダッチと二人して無用に広い室内にて酒盛りを始める事にするのであった。

IMGP8895.jpg IMGP8902.jpg

 風呂もヤケに広く、お湯を張るまで一時間近く掛かるのである。部屋といい、風呂といい、なんとなく不気味である。

 チョー不気味な安宿にて、酒に任せて深い眠りにつく、二人なのであった。。。