FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
黄金週間 六杯目(福島市 くをん:タローラーメン)
IMGP8468.jpg

タローラーメンなる二郎インスパイア系のラーメンがリリースされたようである。

 日課のランニングの距離を延ばし基礎代謝を上げては、タローとの面会に望むことにする。

 万全の体勢を整えタローラーメンの野菜マシを頼む事にした。豚マシにもしようかと逡巡したが、野菜の量が不明のため、豚マシは控える事にしたするのであった。

 隣の人々にタローが運ばれてくる。野菜の普通でもボリュームが十分なのである。やっちまったかも知れない。。

 野菜マシが運ばれてくる。やっちまったのである。いままでの二郎および二郎とその仲間たちの中でも最強のボリュームなのである。

IMGP8461.jpg IMGP8462.jpg

 上から撮る写真のオブジェは円形ではなく楕円形なのである。横からの眺めはマウンテンなのであった。

 食べ始めるとモヤシがボロボロ落ちてくる。落ちてはくるものの、モヤシをある程度やっつけないと麺やスープに辿り着かないのである。

IMGP8464.jpg IMGP8463.jpg

 モヤシをひたすら食べる事にする。モヤシを処理する手が痛くなってくるのである。

 マシを頼んでおいて残す訳にもいかないので、ひたすらモヤシを消費することに心を燃やしつつ、麺やブタとの面会を待つのである。
 更にモヤシを消費し続けると、やっと麺を捉えることが出来るのであった。
 
IMGP8466.jpg

 麺は肉中華よりワシワシしており存在感のある太麺であった。ニンニクが混ざり合ったスープは、二郎っぽいのである。

 タローラーメンを食べて思うのである。二郎を中心とする仲間たちの世界観は、ラーメン界のサブカルチャー的存在であり、エンターテイメント性に溢れる素晴らしい世界なのだなーと。。。