FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
渋谷ではたらく社長の告白
渋谷ではたらく社長の告白渋谷ではたらく社長の告白
(2005/03/31)
藤田 晋

商品詳細を見る

 古本屋でふと目に付いたので、手に取りレジに進むことにする。読み始めると面白く、あっという間に読み終えてしまうのである。

 ITバブルの波に乗り、その引き潮に翻弄されたベンチャー企業の話である。会社がどのようにして生まれ、もがき苦しみながら歩み始めたかが具に分かるのである。

 「社長失格」より少し後に描かれる話であるが、「社長失格」とお同じくらい面白い話なのである。

 これから起業するひとは他山の石として、この二冊をもとに事例研究したほうがよいのではとも思うのであった。

 ITバブルの頃に、とあるコメンテーターが、とある企業に対して「あんな企業はITでもなんでもなく、単なる小売りだ」と言ってのけたことが印象深い。

 その後にITバブルは崩壊し、あの頃の上場ブームやベンチャーブーム、アントレプレナーブーム、インキュベーターブームは去り、いまでは公務員ブームである。

 ベンチャの命綱を握っているのはエスタブリッシュだなーと思うと供に、ベンチャーを育てる前にパトロンを育てる必要があるのだなーと、本を読み終えては思うのであった。