FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
喜多方の「赤と黒」 たんぽぽ亭
IMGP5298.jpg IMGP5297.jpg 

 喜多方市役所隣のラーメン館の隣にあるのが「たんぽぽ亭」である。

 ここの「黒ごまタンタンメン」がアツいらしい。さっそく頼んでみるが、テーブルに出てきたものは、スープが黒々としているものであった。

IMGP5291.jpg  IMGP5294.jpg

 一口飲み干す。胡麻の旨味と辛みが口に広がるのである。思わずスープを啜ってしまうのである。

 黒々としたスープからは喜多方ラーメンが姿を表す。コクのあるスープと太麺がマッチするのである。

 肉厚のチャーシューも噛みごたえがあり、旨味が広がるのである。二日間で喜多方の「赤と黒」を堪能する事が出来た。

 シンプルな喜多方ラーメンも旨いが、バリエーションが広がる創作メニューも面白いなーと思うのである。旨いっす!

 ちなみに、スタンダールの「赤と黒」は、とある野心家の少年が軍人(軍服は赤)か聖職者(衣装が黒)を目指すメタファーとして「赤と黒」が題名に用いられた、とか。

 赤と黒が並ぶルーレットゲームに少年の人生を例えた、といった諸説があるらしい。