FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
よい子のかたぬきあそび
IMGP2604.jpg IMGP2603.jpg

 夕刻に一族郎党にて歩行者天国へと足を運ぶことにする。子供の頃の喜多方の商店街は輝いていて、ゴールデンウィークの歩行者天国などはとっても賑わっていたものである。

 いつのまにか大衆消費社会が訪れ、そしてパックスジャパーナの時代が到来すると、この商店街にも夕日が射すのであった。

 ルールが変わったのにルールを変えなかった結果だと思うが、人々はルールが変わった事もルールを変える術も持ち合わせていなかったのかも知れない。自分も含めて。。

IMGP2618.jpg IMGP2617.jpg

 当時から変わらない物の一つを探し出そうとすると「よい子のかたぬきあそび」だろーなーと思うのである。

 なけなしの小遣いを握りしめたカムC少年は、大それとは「かたぬきあそび」は出来なかったが、時おり挑戦する時は一攫千金を夢見て挑戦するのである。(しかし、いつも一攫千金の夢は破れるのであった。。)

 そんな「かたぬきあそび」を息子達に教えると、面白さにハマったようで、黄色い帯を見つけると、いつも吸い込まれていく。

 確かにデジタル化した高度なゲームよりも、人の心を揺さぶるアナログなゲームのほうが余程に面白いと思うのである。

 しかし大人になり「よい子のかたぬきあそび」を冷静に考えてみると100円が最高1500円になるのである。
 
 「よい子」と銘打っているが、実は非合法な博打なのではないかと最近思うのであった。(おっ!1500円に挑戦だな、一攫千金の夢は・・・)