FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
東日本大震災の記録 その四
 「最後は水かい?」と思わずと画面に突っ込みを入れてしまうのである。

 あれだけ安全と言っていた原子力発電所のフェールセーフの最終手段が放水だったとは・・・

 陸からも放水するらしいが原始的だなーと思うのである。いくら仕事とはいえ放水に任務する人もたまったもんではないよなーと思うのである。ほんと原始力発電所である。

 だったら原子力発電所の上に貯水施設を作っておいて、スイッチひとつで水浸しになる単純なシステムで良かったのではないのかと思うのである。

 更に考えるなら、津波がきたら津波で水浸しになるシステムのほうが余程安全だったのではないかと思うのである。

 更に考えれば、放水で事が解決するなら地震発生直後に第一原発の1号機から6号機まで全部に放水して水浸しにしておけば良かったのではないのかと思うのである。

 原発のある被災地より、高いマイクロシーベルトの環境で生きる、カムC空次郎は、そう思うのであった。