FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
小学五年生の次男
 二番弟子は小学五年生である。兄貴は背が高いが次男は背が低い。そのうち親父の背丈を越える日が来るのだろうと気長に待つ事にしている。

 そんな二番弟子と畑仕事にチャレンジするのであった。だて青年会議所が主催する「だてファームプロジェクト」なるものを知ったので二人で参加することにした。

 3月よりプロジェクトは始動するが所用があったため二回目よりの参加となる。一回目の集まりにてジャガイモのタネを植えたようでウネの雑草の除去から作業が始まるのであった。

IMG_9355.jpg IMG_9392.jpg

 十数人で作業をすると畑から雑草がスッカリ無くなり奇麗になるのである。奇麗になった畑をみると、なんだか気分が良くなってくるのである。

 次の作業は雑草除けと保温目的にマルチという黒いビニールを張る作業であった。畑で黒いビニールが張られているのをよく見かけるが、作業を通してその理由がわかったのである。

IMG_9416.jpg  IMG_9459.jpg

 マルチを張り終えると空き缶でマルチに穴を空け、その穴に苗を植えていくのである。二番弟子は茄子の担当となり均等な間隔に穴を空けては苗を植えて行くのであった。

 担当の人に話しを聞くと7月中旬の収穫日をターゲットに逆算しては、時期をずらして野菜の苗を植えていくそうである。農業も設計が肝心なのだなーと感心するのであった。

IMG_9426.jpg  IMG_9430.jpg

 更に野菜の成長時期の風対策のために「ファーストソルゴー」なる脚の長い草のタネを畑の周りに蒔くという。成長が早い草らしく、緑の壁が畑を囲うように現れる設計である。(どの様になるか楽しみー)

 ナス、えだまめ、獅子唐、パプリカ、トウモロコシなどなどを手分けして植えていくのである。3時間も作業をすると腹は減るし疲れもピークに達してくるのである。

 お約束の二番弟子のヘタレ&ブータレテモード突入である。

IMG_9479.jpg  IMG_9482.jpg
 
 師匠曰く「まいにち食べる野菜も誰かが、このような作業をやってくれているから食べられるのであるぞ。わかったかのか、残さずしっかり食べなさい」と二番弟子を諭すのであった。

 7月には収穫し、青年会議所主催の創立記念イベント時に冷製野菜スープとして来場者に振る舞われるらしい。次は6月に入ってからの作業となる。次のプロジェクトが楽しみなのであった。