FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
最終話 喜多方の旬で沖メバルの刺身を堪能する
アメリカのテレビドラマ『24-TWENTY FOUR-』風に・・・

これは午後7時から午前1時までの話しである。

ーーーーーーーーーーー

 高速道路に乗って喜多方へ帰る途中にダッチが「旬のマスターに頼んで沖メバルを刺身にしてもらおう!」とナイスな提案をしてくれる。

 さっそく電話をするが店は定休日であり所用があるという。諦めかけた時に電話が鳴る「大丈夫だ・・・特別に店を開ける」

 と言う事で午後7時より喜多方の「御食事処 旬」にて宴会を始めることにした。

 7人が集まり宴会となる。「御食事処 旬」のマスターも含め7名全員が中学校の同級生である。いつもツルんでいる輩もいれば、久しぶりに会う輩もいる。

 喜多方で育ち中学校も同じというバックボーンを持つ同士である。当然ながら酒盛りは昔話に花が咲き異常な盛り上がりを見せるのであった。

IMG_9219.jpg IMG_9220.jpg

 ところで沖メバルの刺身であるが流石はプロの腕前である。クーラーボックスにゴロゴロしていた冴えない魚が、刺身となり皿に盛りつけられると実にエレガントな装いを見せるのであった。

 身が締まって脂ものっておりコリコリして非常に旨いのである。苦労して釣った甲斐があったなーと思うのであった。

 それと供にホッケやソイも刺身にしてくれたので違いを楽しむ事も出来るのである。

 酒盛りは一次会で終わる訳も無く「御食事処 旬」を後にし「スナック 茜」へと乱入する。気が付けばいつの間にやら午前時1時を回っていた。

 IMG_9222.jpg  IMG_9232.jpg

 昨日の午前時1時前に起きては寺泊へ向かったので24時間寝ていないことになる。

 ジャック・バウアーの様に事件に巻き込まれる事もなく、また国家の危機を救う訳でもなく平穏無事な24時間が淡々と過ぎて行くのであった。(よかったー、端から見たって一見そんなに冴えない普通のサラリーマンで・・・)

俺の24-TWENTY FOUR-は・・・事件なし、24時間寝てないだけ(眠い。。)