FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
飯豊 エブリ差岳に登る 初日編
# 開高健の紀行文風に

 シトシトと雨が降る朝である。空を見上げるとドンヨリとしている。雨降りだなぁと思いながら「足の松沢」までの乗り合いタクシーの車窓から見える景色をボンヤリと眺めては、溜め息をつくのであった。

IMG_7298.jpg 

 足の松沢を6時半に出発するが、その先にあるものは険しい勾配と緑と朱色が混じった世界である。途中には雨が降り、そして雨が止む。気まぐれな天候を憎らしく思いつつも足を前へと進めるのである。

 11時には大石山へと到着するのであるが、森林限界を超えたその世界は暴風の世界である。一気に体感温度が低下するのを肌で感じては、風よけのレインスーツを着込むのであった。

 大石山での、そそくさとした昼飯を済ませ、体温を上げるために歩き始めるのである。兎に角じっとしているより歩いた方が精神を安定の方向に導いてくれる事を実感し実践するのである。

 鉾立峰を経由し、目的のエブリ差小屋には大石山より2時間あまりで到着した。小屋には先客が一組いるだけであった。

IMG_7299.jpg

 外気温が5度程度の小屋で師匠達と乾杯する。常温のビールでの乾杯であったが、コレが旨いのである。温いビールが旨いと思える人生初の経験をすると、エブリ差しの寒い夜が訪れるのであった。