このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
粟島に行って昭和を味わう その伍
IMG_6732.jpg


 「民宿 与平」の夜である。深夜に次男坊がムクッと立ち上がり、押し入れの方向に向かい始める。

 自宅と勝手が違うためか、トイレへの方向を見失っているようである。トイレへと付き添いをする事にした。

 次男が先にトイレを済ませたので、洗面所で待つように伝える。僕もトイレを済ませ洗面所に戻る。

 しかし次男がいない。部屋に戻ったのかなーと行ってみると次男がいない!間違って一階に降りてしまったのかと行ってみると、やはり次男がいない!!

 ほんの十数秒の出来事であり、まさに神隠しのようである。一瞬、頭に二つの文字が浮かぶ。”拉致”ここは日本海に浮かぶ島である。

 カミサンを起こし、次男がいなくなってしまった事を伝える。しかし以外と焦っていない・・・廊下に出て再度捜してみる。すると斜向いの部屋の襖が少し開いていることに気が付く。

 隙間から部屋の中を覗いてみる。なんと次男が別の部屋で、別の家族と川の字で寝ているではないか。それもスヤスヤと眠り、別の家族に溶け込んでいるし・・・

 次男らしいなーとも思い、思わず笑ってしまった。起こすのもなんなので、そのままにしておくと、朝早く、次男が部屋に帰ってきた。そして粟島の朝は無事あけるのであった。