FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
田村はまだか
田村はまだか田村はまだか
(2008/02/21)
朝倉 かすみ

商品詳細を見る


 久しぶりに小説を読んでみた、昨年に読んだ「ナラタージュ」以来かもしれない。昔から気になっていた作品が「田村はまだか」である。

 舞台は、札幌ススキノのとあるスナック。小学校の同窓会を終えた5人の三次会から話しは始まるのである。

 どうやら5人は、小学校以来となる田村との再会のために、スナックで酒を飲んでいるらしい。田村は小学生の時代から独特の雰囲気を持つ少年であったようであり、スナックで待つ5人は少なからず、田村からインスパイアーされたようである。

 そして「田村はまだか」と田村の登場を、いまかいまかと皆が待ちわびているのである。

 スナッックのマスターが5人を観察するかたちで話しは進んで行き、田村のエピソード、5人それぞれのエピソードへと話しが展開するが、「田村を待つ」ということから話しを転がしていく朝倉氏の筆の旨さを実感する作品である。

 確かに小学生の頃に、やけに大人びて独自の哲学を持ってそうなヤツがクラスにいたりした。ソイツの一挙手一投足が気になったりもしたものである。

 田村とは会えるのか?なんかいい感じの結末に乞うご期待を。