FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
思考の整理学
思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る


 本屋に行ったら「東大生・京大生に一番読まれた本」なるPOPが置いてあった。そのPOPの下には「思考の整理学」なる本が平積みされているのである。

 テレビの情報番組でも、この本を取り上げていたので買ってみることにした。何故、大学生に読まれているのか本を読んでみると分かるような気がする。

 たぶん論文を書くためである。そのためにデータの整理方法や収集方法を学びたいのだろうと思ったのである。

 面白かったのが頭の使い方について書かれていた部分である。コンピュータが出回る前の頭の使い方は倉庫の役割であった。知識を詰め込み、それを忘れないように頭脳という倉庫に大切に仕舞い込まなければならなかった。

 しかし、コンピュータが知の倉庫の代わりをしてくれる現代では、頭は倉庫の役割をするのではなく、知の工場として生産の役割を担わなくてはならないそうである。

 情報過多の現代社会において倉庫の役割をするのは、どだい無理な話しである。倉庫の役割は放棄し、いらない情報は忘れ去り、工場として知の生産に専念しなければならないらしい。

 なるほどーと思ってしまったのである。忘れっぽい僕にとっては、有り難い時代の到来である。(意味違う?)