FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
東根 火渡り祭り
IMG_6265.jpg IMG_6262.jpg

IMG_6274.jpg IMG_6280.jpg

 東根温泉に宿泊するのであるが、宿の女将が祭りがあると言う。カミサンと二人でブラリと温泉街を散策してみることにする。

 暫くすると祭りの会場が見えてくる。木の枠に杉の葉を覆った物に白装束を纏った人が火をつけると、たちまち会場は炎に包まれるのである。

 山伏の文化が根付いているのか、一人の山伏が燃える炎に向かって祈りを捧げるのである。すげーなーと見つめていると、後ろから肩をたたく人がいる。

 誰だと振り返ると、別の旅館に泊まっていた次男とその仲間達であった。炎が落ち着きをみせた時に火渡りなる祭事を行うのであるが、次男は渡りたいという。

 ならばと思い、次男とその仲間達と明日のサッカーの勝利を祈願して火の中を渡る事にする。最初は馬鹿にしていたものの、火渡りをする道の両脇は炎で燃え盛り、足下も火が燻っているのである。

 以外に度胸がいる火渡りであったが、全員が無事に渡りきったのである。その祈願のおかげか、次の日のサッカーの試合は逆転勝ちするエキサイティングなゲームなのであった。(火渡りの効果かも?)