FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
Jヴィレッジ
 ホテル棟の玄関から入りエントランスに立つと目の前に芝に覆われたグランドが広がる。日本代表もここで練習を重ねワールドカップへの向かったのだなーとずっと思っていた。しかしメインのスタジアムは別の所にあるらしい。

IMG_5569.jpg IMG_5573.jpg

 さっそく試合の合間にサッカー部のお父さんと次男とで探しに行く事にする。よく分からないまま適当に道を歩いていくと大きな道路に出た。海を観ながら矢鱈と遠い道のりを歩いていると立派なスタジアムが見えてきたのである。

 IMG_5575.jpg  IMG_5577.jpg

 おおおーと思って近づいたら、それは富岡のサッカー場であった。なんかスケールダウンである。

 気を取り直して更に進むとようやくスタジアムが見えてきた。しかし遠いものである。そのスタジアムでは、マリーゼの選手と高校生が試合をしていた。流石にキビキビとしたいい動きである。

 暫くその動きに見とれていたが息子達の試合が近づいてきたので、ホテル棟のあるグラウンドへと戻ることにする。帰りの道のりを、その辺を歩いている人に聞いてみると、近道があることが判明する。

 その近道は薮を進むのであるが、心許ない道案内が所々にあるだけでよくわからない。途中から道が無くなり高圧線の鉄塔が見えてくる。なんか怪しい雰囲気である。全然ホテル棟に辿り着く気がしない。

 途中には沼があり進入禁止と思われる鎖が張ってある。ここを突破するしかないのか、息子達の試合の時間も迫っている。危険を犯しても前に進むべきか悩みどころである。ここはひとつ決定的な道案内がほしいところである。すると道しるべが見えてきた。どうやら看板も道を知らないらしい・・・

IMG_5580.jpg  IMG_5579.jpg

 ちなみに次男は「えー、ほんとうに看板が道を知らないのー」と本気で驚いていた。

IMG_5578.jpg