FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
飯坂温泉 鯖湖湯
 共同浴場巡りの上がりが「鯖湖湯」である。芭蕉も入ったとされる由緒あるお湯であるので有終の湯としては最適である。

IMG_5448.jpg  IMG_5449.jpg

 風呂には先客二人がいて温泉談義に花が咲いていた。暫く聞き耳を立てると思わず吹き出してしまったので、話しにちょいと参加させてもらった。

 地元のオジさんが若い観光客に話しかけているのだが、飯坂では大門の湯が一番熱いそうである。源泉が70℃近いらしく水を埋めても浴槽は熱く地元住民は皆んな我慢して入っているらしい。

「あんな熱ちー湯に長く入ってなんかいられねーよ」

 だったら水を埋めればいいのにと吹き出してしまった。「江戸っ子の蕎麦」のように蕎麦に汁を付けて食べるような真似はプライドが許さないらしい。

 導専の湯も熱いと僕が言うと、あそこにはお湯奉行がいて水を入れさせないと言う。確かにお湯奉行と思われるオジさんが居る時の浴槽の温度は、必ず48℃超えである。

 ところで、鯖湖湯であるが昨年の12月くらいから温度を下げているそうである。観光客が熱いと苦情を市役所に上げるので、温度を初めから下げているそうな・・・。

 鯖湖湯の源泉自体は元々ぬるいらしく、色々な源泉をブレンドして温度を上げているらしい。あるとき大門の70℃近いお湯を鯖湖湯に流したそうであるが、その熱さに観光客が大パニックを起こし、暫くして中止となったらしい。この話しにも思わず吹き出してしまったのである。