FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
喜多方ラーメンの系譜 其の三
 エリツイン大統領似のオジさんと話していくと「幸楽苑の290円ラーメンが美味しい」の意味が分かってきたのである。

 どうやら大統領似のオジさんは喜多方ラーメン店で老舗と呼ばれる店の初代の味を知っている人らしい。「幸楽苑の290円ラーメンが美味しい」は、昔の喜多方ラーメンに比べて今の喜多方ラーメンの味が落ちた事に対する、喜多方ラーメンへのアンチテーゼの象徴であったのである。

 その場にいた仲間達や大統領の話しを総括すると、喜多方ラーメンは満州系と上海系の2系統に収斂されることが分かってきたのである。

 喜多方ラーメンの原点が源来軒であることは周知の事実であるが、これが満州系らいしい。源来軒は弟子を持つものの秘伝の伝を伝えることがなかったため、そこから派生する名店は生まれなかったようである。

 もう一つの系統が上海系である。上海からの引き揚げ者が「上海」を喜多方に開いたらしく、「上海」からはその後に「まこと」と「坂内」が派生する。

 更に「まこと」から「阿部食堂」が独立をしていったようなのであるが、このように何がしかの影響を上海という原点から受け継いでいるのが喜多方ラーメンらしいのである。

 だんだんと話しも面白くなって行くのであった・・・。

つづく