このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
ザ・クロマニヨンズ
IMG_9199_20170211083029376.jpg IMG_9198_201702110830317d0.jpg

 若かりし頃に「ザ・ブルーハーツ」が大好きなのであった。

 バブルなフワフワした時代にあって、世の中の本質を突いた歌詞や人の心底にある優しさなどを歌った曲が好きだった。

 そんな師匠の後ろ姿を追ってか、二番弟子も「ザ・ブルーハーツ」の流れを汲む「ザ・クロマニヨンズ」が大好きなのである。(もちろんブルーハーツも好きです!)

 二人してライブに行く。真冬なのに周りはTシャツである。ネクタイを締めたスーツ姿にコートは自分一人である。

 ある意味、ライブハウスで一番トンガっていたのが、カムC空次郎なのである。(ちょー違和感!)

 全然、聞いた事の無い曲であったが、「ザ・ブルーハーツ」のDNAを感じる夜なのであった。。(めちゃ、熱い!色んな意味で!)

IMG_9203_20170211083031747.jpg
SOUL OF THE TANGO
IMGP1895.jpg IMGP1898.jpg

 庶民のタンゴをヨーロッパ上流階級のエレガントな嗜好品としたのがアストル・ピアソラである。

 そのピアソラの名曲を中国の天才チェリスト ヨーヨーマがカバーしたアルバムが 「SOUL OF THE TANGO」である。

IMGP1903.jpg

 暖炉の燃える炎を見ながら「SOUL OF THE TANGO」に収められた「リベルタンゴ 」や「フガータ 」の名曲を聴くのである。

 極上な赤ワインを飲みながら暖炉の前でヨーヨーマが奏でる曲を大音響で聴く夢が叶った瞬間である。そして極上な時間を堪能するのであった。

#「SOUL OF THE TANGO」が廃盤になっていたとは・・・ちょっとショック!
SAND CASTLE
SAND CASTLESAND CASTLE
(2003/09/26)
浜田省吾

商品詳細を見る

 
 「SAND CASTLE」は浜田省吾氏のバラード集である。アルバムに収められたどの曲を聴いても心を打つ作品ばかりである。

 十代の頃には何度も聴いたアルバムであるが、40歳を過ぎても燃える炎を見ながら聴く「SAND CASTLE」が実にいいのである。

 キャンプの夜に焚き火をしながら仲間と酒を交わしつつ「SAND CASTLE」を聴くのである。夜の帳に静かに響く浜省の切ないバラードが心に響くのであった。


IMG_5868.jpg