FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
極上の会津へ@15 七日町へ向かう
IMG_9353.jpeg IMG_9368.jpeg

 会津は東山温泉を堪能し、バスに揺られる。ビジネスホテルに泊まって、居酒屋に行って、朝飯を探すなら(これも良いけど)旅館めしがリーズナブルである。

IMG_9366.jpeg IMG_9375.jpeg

 無料のバスに乗り、会津若松駅へと向かい、そしてバスを乗り継ぎ、七日町駅へと向かう事にする。

 いよいよ、「全国大衆酒場を巡る会・鉄道部」の極上な会津の旅も佳境を迎える事になるのであった。。

IMG_9382.jpeg IMG_9384.jpeg
極上の会津へ@13 温泉な旅
IMG_9285.jpeg IMG_9294.jpeg

 極上だな。温泉宿に泊まり、誰も居ない温泉にて風呂に入り渓流を眺める。

IMG_9300.jpeg IMG_9295.jpeg

 緑を眺める。ゆっくりと温泉を楽しむ。いーや、いいな。って思うのである。

IMG_9321.jpeg IMG_9319.jpeg

 旅する仲間達が居て、極上の温泉を堪能できる幸せな人生である。そんな仲間達に感謝する旅なのであった。。
極上の会津へ @3 鉄道部による駅ソバの研究
IMG_9025.jpeg IMG_9028.jpeg

 「全国大衆酒場を巡る会・鉄道部」の夏の研究会である。まずは古関先生を研究した、それは偉大な音楽家であった。。

IMG_9029.jpeg IMG_9031.jpeg

 そして鉄道旅と言えば、駅ソバと駅弁である。この二大テーマのうち、JR福島駅では駅ソバの研究とする。

 福島駅の名駅ソバ店がリニューアルされた様である。駅ソバマニアが全国第三位と認めた駅そばなのである。

IMG_9035.jpeg IMG_9036.jpeg

 すげー、おっかねーオバちゃんが、生蕎麦を茹で、それを水で〆めては、再度、温めては、立ち喰いソバを出してくれていた。

 天プラとソバ汁も上手く、実にバランスの良い一杯なのであった。さあ、リニューアル。どうなるか、、、

IMG_9039.jpeg

 うーん、普通になった気がする。極楽湯も無くなるし、、どこへ行く。福島の名B級グルメファクトリー「有限会社 松月堂」(次の展開に期待します!)
 
極上の会津へ @2 古関裕而先生編
IMG_9023.jpeg  IMG_9018.jpeg

 JR福島駅に集結し、市内バスに揺られ「古関裕而先生」の記念館へと足を運ぶのである。

 館内を散策する。天才が作品を創造した書斎を見る。ここであの名曲「栄冠は君に輝く」が生まれたのかーと思うのである。

IMG_9003.jpeg IMG_9011.jpeg

 そうJR福島駅の新幹線発車メロディーは「栄冠は君に輝」である。福島が産んだ天才先生なのである。
 
 コロナ禍でなければ、「エール」ブームが日本に起きて、福島に全国から観光客が押し寄せただろうなー。っても思おうのである。

IMG_9015.jpeg IMG_9001.jpeg
 
 そして我がポンコツ母校の校歌も先生が作曲してくれたのかー、と思うと感慨深いものを感じるのであった。。

極上の会津へ @1 出発編
IMG_8981.jpeg IMG_8990.jpeg

 「全国大衆酒場を巡る会」とはカムC空次郎が主宰する会である。北は北海道から南は九州まで会員が点在する会のである。

 カムC空次郎の人生において、共に苦労したり、共に笑ったり、実にお世話になった人を勝手に会員として認定する会である。

IMG_8991.jpeg

 なので、会員は誰も会員だと思っていないと思うのである。そう謎の秘密結社である。

 この夏は、実家への帰省を兼ねて「全国大衆酒場を巡る会」の鉄道部会を開催する事にした。

 まずはJR福島駅に集結し、そして極上の会津へと向かう事にするのであった。。

IMG_8995.jpeg IMG_8996.jpeg