このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
行くぜ!さくらんぼマラソン! 完結編
IMG_3482_20170729134114dc6.jpg IMG_3476.jpg

 日本一うまいオニギリを喰らっては、山形へと移動するのである。

 このオニギリを喰らう為に参加するのである。

IMG_3484.jpg IMG_3487.jpg

 そしてマラソン旅の続きである。山形市内を散策し餃子巡りをする事にするのである。

 これが面白い。実に奥が深い餃子旅なのである。ビールと餃子を堪能しては仙台へと降り立つ。

IMG_3505_20170729134121216.jpg

 仙台勤務時代にこよなく愛した、JR東日本仙台駅東口方面お「福はら」にてカレーそばとカツ丼を喰らう。

 これがまた実にグレイトなコラボなのである。日本最強の立ち食いそば屋で旅の〆をしてはマラソン旅は終わるのであった。。

IMG_3493.jpg IMG_3498.jpg



行くぜ!さくらんぼマラソン! 完走編
IMG_3459.jpg IMG_3461_20170723104921b2d.jpg

 もう誰とも競わない。自分とも、時間とも、、

 普通であれば一時間前位に到着しアップをしてはマラソンに望むものである。

 が、0分前に到着し、アップなどもせず、荷物も背負ったまま走るランナーである。

IMG_3465.jpg IMG_3463_201707231049239b4.jpg

 途中でワインを飲み、コンビニのATMで走り終えた後のビール代を下ろすランナーである。

 そう、競う資格がないのである。

 それでも10キロを50分台でゴールする。後はビールでの打ち上げである。これが楽しんだなー!

IMG_3468_201707231049253eb.jpg
行くぜ!さくらんぼマラソン! 猛ダッシュ編
IMG_3435_2017071716502288c.jpg IMG_3436_20170717165024817.jpg

 9時16分に東根駅到着する電車に乗る。スタートは9時20分なのに・・・

 松本清張先生の「点と線」ではないが、時刻表から見えてくるものがある。

IMG_3443_201707171650252bd.jpg IMG_3456_20170717165026fba.jpg

 9時8分に「乱川駅」に電車は到着するのである。タクシーを飛ばせば間に合うかも知れない。

 そう、何とかなるのか世の中である。タクシーを予約し電車から飛び乗りスタート地点へと向かうのである。

IMG_3445_20170722183204e0b.jpg  IMG_3448.jpg

 交通規制に引っかかり、スタートの1キロ手前で降ろされるのである。そして猛ダッシュしてはスタート地点に着く。。

 スタート地点に着いたと同時に出発の号砲が鳴る。タクシーに下ろされた場所に、また戻る事になる。

IMG_3454.jpg

 途中の給酒所では、キッチリ冷えた白ワインを飲んではフラフラとなる。

 「さくらんぼマラソン」ちょーオモシレーって思うのであった。。
行くぜ!さくらんぼマラソン! 出発編
IMG_3420.jpg IMG_3424_20170716202027ff2.jpg

 カムC的には山形県は東根市にて行われる「さくらんぼマラソン」が一番好きなマラソン大会なのである。

 幼稚園児達が沿道にて黄色い声で声援してくれる。老若男女がランナーに対して沿道から優しい声を掛けてくれるのである。

IMG_3429.jpg IMG_3431_20170716202029316.jpg

 そして走り終えた後に配られるオニギリが最高に旨いのである。それは日本で一番旨いオニギリと思うのである。

 仙台にて前泊するが、飲み過ぎては朝寝坊となる。取り急ぎ電車に乗る事にするが、それは9時16分に東根駅到着する電車である。

 スタートは9時20分なのに・・・
もう一度、日本を旅する。完結編
IMG_1046_20170609195230e30.jpg

 村上春樹先生の作品に「羊をめぐる冒険」なる小説がある。主人公の「僕」を巡る人生の旅の話である。

「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」のその三部作は、若かりし頃のカムC空次郎に衝撃を与えた作品であった。

IMG_1358_201706091951467c3.jpg IMG_1357_2017060919514034f.jpg

 そしてオレンジの相棒と、もう一度、日本を旅する事にした。それは「五右衛門ラーメン」と「秋田の自販機うどん」を巡る冒険であったのかも知れない。

 居酒屋で旅人と話をし、電車で旅人と話をする。人生は心の旅の連続だなーと思うのである。旅、旅人とはなんだろうと考える。

IMG_1360_201706091951412d1.jpg IMG_1361_20170609195146a65.jpg

 それは、知らない物への憧れ、知らない物を確かめに行く事だと思うのである。

 なので電車に揺られ酒を飲み、未開の地へ足を踏み入れる事だけが旅ではない。


IMG_1405_2017060919515252b.jpg IMG_1409_20170609195152249.jpg
 
 日常の中で路地裏を歩いたり、土手を走りながら四季を感じたり、電車に揺られながら本を読んだり、仕事を通じて新しい事にチャレンジしたり・・・

 そう、知らない物を知る為に、彷徨う事が旅であると思うのである。。(たぶん!)

IMG_1399_2017060919514936f.jpg IMG_1378_20170609195144921.jpg

 中学生の頃に角川文庫の冊子に「ひとりぼっちの空間飛行」なるキャチコピーがあった。

 休み時間に一人で本を読んでいると、バスケ部の女子キャプテンから「孤独だ!」とからかわれた物である。(俺は、ひとりぼっちの空間飛行してるんだ!かまうな!)
 
IMG_1368_20170609195149406.jpg    IMG_1365_2017060919514319c.jpg  

 いま考えると、その時から旅を始めていた気がする。そう知的好奇心こそが旅のエンジンなのである。

 だからこそ、アフリカを起源とする人類がアウトオブアフリカを決意し、南米はパタゴニアへと辿り着くグレートジャーニをしたのである。(たぶん!)と思う秋田への旅なのであった。。


もう一度、日本を旅する。・・・終わり