このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
カムC空次郎の酒場放浪紀 伊達市 やきとり移動販売車
IMG_0385_20180328202302b1f.jpg

 ここの焼き鳥は、本当に旨い!我が焼き鳥放浪記史上、三指に入るレベルである。

 八重洲口の「やき鳥 宮川」、一関市の「やき鳥道場」、そして伊達市の屋号不明な「やきとり移動販売車」なのである。

 「食ってけー」の一本とスーパーで買ったビールを合わせながら世間話をする。タレのシロと言ったつもりが、塩のシロであった。

 が、これは、これで実に旨いのである。

IMG_0386_20180328202303408.jpg IMG_0388_20180328202304ad9.jpg

カムC空次郎の酒場放浪紀 伊達市 やきとり移動販売車
IMG_0167 2  IMG_0173_20180328162918f1d.jpg

 伊達駅前のスーパに時折、現れる移動販売な焼き鳥店なのである。会社帰りに時折立ち寄り、何気に買っては晩酌の友とする。

 今日も世間話をしながら焼きを待つのである。今日は「タンシタ赤身」なる一日数本しか販売しない希少部位を負けてくれるのである。

 焼き鳥ほど難しいものはない。部位のフレッシュさ、タレ、按配、焼き方、などなど。。

 全てがパーフェクトである。多分、いま福島で一番うまい焼き鳥なのである。特にシロのタレは絶品なのである。

IMG_0172_201803281629139c2.jpg  IMG_0174_20180328162925113.jpg
カムC空次郎の酒場放浪紀 福島市 屋台十八番
IMG_8837_20180326215943c27.jpg IMG_8838_20180326215931c91.jpg

 人気コンサルタントのコミーと、保原B級グルメツアーズの事務局長との酒飲みである。

IMG_8845_2018032621594169d.jpg IMG_8840.jpg

 こうやって飲むのも久しぶりなのである。経営革新塾で教えを蒙り共に学んだ仲である。

IMG_8843_20180326215939c61.jpg IMG_8841_20180326215943e04.jpg
 
 経営革新塾では、保原の豆っこ汁をドライフード化しコンビニで販売する企画を立て、企画力を競うコンテストで我がチームは優勝を果たすのである。

IMG_8847_201803262159469c3.jpg IMG_8850_20180326215947668.jpg

 が、商用化は実現せず、企画倒れに終わってしまった。あの乾物屋の地味な存在であった春雨もコンビニでは人気商品である。

IMG_8851_201803262159464ef.jpg

 今でも、ドライフード化しお湯を注ぐだけで手軽に食べると事が出来ればシニア向けにブレイクすると思い続けているのであった。



カムC空次郎の酒場放浪紀 伊達市 やきとり移動販売車
IMG_8956_201803281608271fa.jpg  IMG_8963_20180328160859b3f.jpg

 伊達駅前のスーパに時おり現れる移動販売な焼き鳥店なのである。

 会社帰りに時折立ち寄り、何気に買っては晩酌の友とするのである。

IMG_8961_20180328160845d13.jpg  IMG_8959_20180328160901cc2.jpg

 焼き方の親父さんに、この焼き鳥のファンである事を告げる。どうやら福島市の有名焼き鳥店にて修行したようである。

 肉の調達ルートやタレへの拘り、二種類の塩の使い分けなど、色々な事を教えてくれるのである。

IMG_8964_201803281609046f2.jpg  IMG_8966_20180328160910688.jpg

 「一本、食ってけ」とサービスしてくれるのである。豚バラの塩を頬張りながら世間話に花が咲くのであった。。

カムC空次郎の酒場放浪紀 郡山市 三松会館
IMG_8381 2  IMG_8376_201803022036299c2.jpg

 「酒場という聖地へ 酒を求め 肴を求めさまよう・・ 酒は人生の子守唄」

 郡山の名大衆食堂で行われる、三松な宴会である。そして焼きそばを喰らい、そして僕は途方に暮れるのである。

IMG_8377_201803022036306f5.jpg  IMG_8378_20180302203632048.jpg
>>続きを読む