このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
北の酒場通りには#5(やきとり きむら)
IMG_9854_2017030414051242a.jpg

 仙台の宝「文化横丁」にその店はある。それは燻し銀の焼き鳥屋なのである。

 仙台焼き鳥界の宝である「やきとり きむら」にて、「全国大衆酒場を巡る会」の新メンバー気仙沼部会長と待ち合わせをしては酒を飲むのである。

IMG_9851.jpg  IMG_9852_2017030414051687f.jpg

 その昭和な空間は郷愁を誘う。通しの漬物をアテに高清水の熱燗などを煽ってみるのである。

 職人が焼いた焼き鳥がたまらん。熱燗と鳥の脂が相まって実にナイスなのである。

 そして宮城本部長と気仙沼部会長との酒飲みは続くのであった。。

IMG_9848_201703041405132a1.jpg  IMG_9849.jpg
北の酒場通りには#4(餃子元祖 八仙)
IMG_9834_201703022126277e3.jpg 

 仙台の宝である「文化横丁」である。そのカオスな空間は酒飲みとってタマラない空間なのである。

IMG_9830.jpg IMG_9833_20170302212626be4.jpg

 仙台餃子界の宝である「八仙」にて、「全国大衆酒場を巡る会」の宮城本部長と待ち合わせをしては酒を飲むのである。

IMG_9839.jpg  IMG_9843.jpg

 小ぶりな餃子が非常にビールに合う。活気ある酒場は実に素晴らしい。熱燗と餃子の組み合わせも実にナイスなのである。

 そして「全国大衆酒場を巡る会」の新メンバーに会うべく、次の河岸へと向かう事にするのであった。。

行くぜ出張メシ! べこ政宗(仙台市)
IMG_9525_20170217182246318.jpg  IMG_9518_20170217182247c5a.jpg

 昼に牛タンのランチを食べた後の夜の懇親会である。流石は仙台、やはり牛タンなのである。

IMG_9519_20170217182346e36.jpg  IMG_9522.jpg 

 牛タンの握り、焼き、焼き、串と。牛肉のオンパレードなのである。
 
 そしてシメのシソ味噌オニギリを喰らっては、ほっこりする夜なのであった。。

IMG_9523_20170217182348ab7.jpg  IMG_9524_20170217182244a53.jpg
行ぐぜ気仙沼! 葵は安いんだ!
IMG_6124_20161202224057c8b.jpg  IMG_6125.jpg

 探す手間さえ惜しまなければ、安い酒場に巡り会えるものである。

IMG_6128.jpg  IMG_6129.jpg

 ここは仙台の朝の飲みの雄なのである。

 仙台で呑んだくれた旅のラゴス達は、朝飯と称して、葵なる蕎麦屋であさ酒を喰らう事にするのである。

IMG_6131_20161202224102443.jpg  IMG_6130.jpg

 一品、100円のアテがナイスなのである。全く反省しない、気仙沼の旅の反省会は延々と続く事になるのである。

IMG_6133.jpg  IMG_6145_2016120222412230c.jpg

 100円のアテに飽きた旅人はグラタンやらカツやらを注文し、ひたすら酒を飲むのである。

 そして、〆のもり蕎麦である。これが立ち喰いソバのドメインを超える旨さなのである。

IMG_6159_20161202224122e5c.jpg  IMG_6156_20161202224132b86.jpg

 素晴らしい!人生って楽しいなーと思いながら酒を飲む、旅のラゴス達なのであった。。


行ぐぜ気仙沼!・・・終わり!



行ぐぜ気仙沼! 丸昌が安い!
IMG_6062_2016120220052647f.jpg  IMG_6063_20161202200646ae6.jpg

 仙台大衆酒場の激安店である。ラーメン店に並ぶ光景は良く目にするが、酒場の前に行列が出来る繁盛店である。

IMG_6074_2016120220052271c.jpg  IMG_6073_20161202200523211.jpg

 旅のラゴス達は、気仙沼の旅を終えては、全く反省しない反省会をする事にする。今回も、その先の日本を訪ねた旅であった。

IMG_6066_20161202200644c76.jpg  IMG_6077_20161202200525d79.jpg

 「いろんな街を歩き、いろんな人に出会う。」のが人生である。

 繰り返す毎日であるものの、同じ日が一度たりとも無いのが、これまた人生なのだなー。と思いながら味噌汁を啜るのであった。。