FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
行くぜ!B級グルメ出張! 二本松市 杉乃家
IMG_0275_20190210200009efa.jpg IMG_0266_201902102000071b5.jpg

 年明けから出張の連続である。曰く付きの二本松である。安達太良山で足を痛めドクターヘリを呼びそうになったり。

IMG_0268_201902102000103b4.jpg IMG_0269_20190210200012561.jpg

 安達太良山の縦走で出発地点に車の鍵を忘れビバークを余儀なくされそうになり、見知らぬ夫婦を口説いて車に乗せてもらい鍵を取りに行ったり。

 二本松のとある物件が炎上しては鎮火に数週間用したりと、自分に取っては二本松は鬼門なのである。

IMG_0273_201902102000152b7.jpg IMG_0270_201902102000135a9.jpg

 今回もとある物件の鎮火作業に足を運んでは「浪江焼きそば」を喰らう日曜日なのである。焼きそばなのか、焼うどんなのか、その線引きに逡巡する一杯なのであった。。



行くぜ!B級グルメ出張! 郡山市 新月
IMG_0086_201902091037456a1.jpg

 年明けから出張の連続である。とあるホテルにてとあるセミナーが行われるので、歩いて数分の出張なのである。

IMG_0078_201902091037448a3.jpg IMG_0079_20190209103748b83.jpg

 行くすがらの大番頭との海鮮丼ランチである。夜に喰らったら万券が飛びそうであるが、ランチは1300円である。(メイビー)

 寿司職人がさばく鮮魚が乗せられた海鮮丼は実にナイスである。添えられた味噌汁がナイスなのであった。。

IMG_0081_20190209103747ae7.jpg  IMG_0084_20190209103750961.jpg
行くぜ!B級グルメ出張! 会津若松 栄安
IMG_6161.jpg IMG_6164_20181125085246eee.jpg

 会津を代表するB級なグルメであると思うのである。栄安の冷特性が実に奥深いのである。

IMG_6165_20181125085243ab9.jpg

 コンブ、キャベツ、あぶらげ、タヌキがのる、冷やし蕎麦のぶっかけである。

 荒ぶれる蕎麦、その上でバトルする選手たち。これが実にグレイトなのである。

IMG_6168_20181125085244445.jpg IMG_6171_20181125085247952.jpg

 旨いものが揃う、会津であるが、その中でもB級グルメのサミット級な一杯である。

 出張を終えた帰り道、会津若松駅まで歩きたくなる。

 カムC青年が良く眺めていた青年賦を改めて眺めてみる。オレはまだ青年なのだろうかと逡巡するのであった。

IMG_6179_20181125085249792.jpg 
夏の終わりのハーモニー @10
IMG_5040_20181014185440eed.jpg 

 伊達なD1グランプリなのである。B級グルメを通り越してD級な祭りである。

IMG_5057_20181014185447128.jpg  IMG_5055_201810141854410cc.jpg

 晴れた夏の日に、朝から堂々とビールを飲む事にする。そしてD級な輩とのバトルを繰り広げるのである。

IMG_5047_20181014185444c46.jpg  IMG_5050.jpg

 どれがD級なチャンピオンになったかは不明である。フジテレビで結果が放送される訳でもない。

IMG_5056.jpg  IMG_5059_20181014185449002.jpg

 そんなD級なグルメがラブリーなのであった。。
夏の終わりのハーモニー @7
IMG_4678.jpg 

 喜多方といえば「蔵とラーメンの街」である。近年では「朝ラー」が大ブレイクし週末の人気店には長蛇の列ができるのである。

IMG_4682.jpg IMG_4684.jpg

 喜多方はラーメンだけでなく、馬刺し、山菜、鮎・岩魚・山女魚(自取り)など美味いものが多いのである。

IMG_4685.jpg IMG_4689_2018101416181360a.jpg

 「居酒屋さとう」「晩酌屋 喜っせ」などのナイスが居酒屋が並ぶ街である。

IMG_4691.jpg

 そこに住む人々はちょーテキトーで義理人情に厚く実に温厚なのである。

IMG_4699.jpg  IMG_4693.jpg

 酒飲み会では「まぁいいべ」「仕方ねぇべ」「むずせな(可哀想だな)」の言葉を聴く事ができる。

IMG_4697_20181014161815e7a.jpg

 自分の事を憶うより相手の事を憶う。そんな喜多方の人と街並み、そして風土は残された最後の昭和だと思うのである。

IMG_4707_20181014161824574.jpg IMG_4702_2018101416182261f.jpg

 若かりし頃は喜多方を一刻も早く出たかった。50歳を過ぎては我が故郷である喜多方の良さを思っては住みたくなるのである。

IMG_4710.jpg

 この日は一族郎党で「長澤屋」の暖簾を潜ることにするのである。そう、それは喜多方の美味いものの一つなのであった。。

IMG_4717_201810141618289ca.jpg IMG_4720.jpg