FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
行くぜ出張メシ! 福島市 鉢の木
IMG_3897_20190623152431d0c.jpg IMG_3899_201906231524464fd.jpg

 大番頭との出張もこれで一段落である。JR南福島駅前にある「鉢の木」にて昼メシとする。

 生姜焼き定食のみの店であるが、これが実に繁盛しているのである。ご飯が無くなると店を閉める拘りである。

 パーコーの様な肉厚の味わい深い生姜焼きが旨い!それを白米と味噌汁、温玉、お新香に合わせるとグレイトなのである。

 とある命を受けた出張の日々であるが、それは美味かったなー。って思う出張なのであった。。

IMG_3900_201906231524441ba.jpg IMG_3901_201906231524467d7.jpg
行くぜ出張メシ! 郡山市 もりっしゅ
IMG_3409_20190622065257340.jpg IMG_3411_20190622065124ebc.jpg

 とある命を受け、出張の日々である。昼メシの時間が微妙であったため、JR郡山駅構内にて出張メシとする。

 福島をモチーフとした店のようである。そして大番頭とソースカツ丼を喰らう事にする。

 これが何気に旨いのである。肉厚のカツとソース、そして白米がナイスなのである。

 そして新幹線に乗っては打ち合わせへと向かうのであった、、(どこに行ったんだっけ?)

IMG_3402.jpg IMG_3406.jpg
行くぜ出張メシ! いわき市 みふみや肉店
IMG_3439_201906182050044aa.jpg IMG_3441_20190618205005b17.jpg

 本命の寿司屋に振られ、次に行きたかったラーメン屋に振られる始末である。なので肉屋が経営するトンカツ屋へと足を運ぶのである。

 肉屋が経営する焼肉屋やトンカツ屋は絶対に旨いはずである。肉厚でフレッシュなトンカツと白米を合わせるとグレイトな気分になるのである。

 そして、いわき市にて二本の打ち合わせをしては、帰る日帰り出張なのであった。。

IMG_3444_20190618205008488.jpg IMG_3445_20190618205007af8.jpg
行くぜ!ゴールデンウィーク@16 喜多方の焼肉屋 長澤屋!
IMG_2897.jpg IMG_2901_20190526190205b34.jpg

 喜多方の焼肉屋の名店である。予約は3カ月前あたりから取らないと席が取れない人気ぶりである。

IMG_2916_20190529212840187.jpg IMG_2918_201905261902003f0.jpg

 弟家族や我が家を含め、皆が好きな焼肉屋なのである。そんな人気店の予約を取るにはチョイとした裏技が必要なのである。

IMG_2906_201905261902026f8.jpg IMG_2923_201905261901577b6.jpg

 人生に必要なのは論語と算盤、そして裏技である。うーん、美味い!この前に仲間達とやった肉焼き大会とは違う次元である。

IMG_2921_20190526190154e49.jpg IMG_2902_201905292128363f5.jpg

 それは喜多方の牛を一頭は買い付けてはフレッシュな肉を提供する、喜多方の焼肉屋の名店の味なのであった。。

IMG_2910_2019052921284267f.jpg IMG_2925_20190526190203c4f.jpg
行くぜ!ゴールデンウィーク@11 喜多方の肉焼き大会
IMG_2618.jpg IMG_2616_20190520194136237.jpg

 丹沢、天城の翌日は、チョモランマ邸での肉焼き大会である。ヤマケン隊長、チョモランマ事務局長、デンジマン炭焼き班長との肉焼き大会である。焼肉やバベキューと言った高商なものではない。

IMG_2619_20190520194142710.jpg  IMG_2620.jpg

 とある精肉店から馬のカルビを購入し焼く事にする。牛のカルビが良かったのにとのブーイングが上がるのである。

 沼津からの干物は安定の美味さであったが、馬カルビは不安定の美味さである。煮込みにするが誰も喰わないのである。

IMG_2621_20190520194143771.jpg  IMG_2626_2019052019414007d.jpg

 夕暮れ時に歩いてカラオケへと向かう事にする。我が母校の喜多方第一小学校の学び舎を見ては、子供の頃の大らかだった喜多方の昭和のエートスを想い出すのであった。。

IMG_2627.jpg