FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
行くぜ県北メシ! 国見町 ファミリーレストラン ニューあぶくま
IMG_0270_2021092522495618a.jpeg  IMG_0271.jpeg

 県北を代表するファミリーレストランが「ニューあぶくま」である。ここのエビフライと欧風カレーが絶品なのである。

IMG_0273.jpeg  IMG_0279.jpeg

 ブラックタイガーではなく、大正エビな、エビフライは衣がカリカリし中は肉厚でジューシなエビを堪能できるのである。

IMG_0288.jpeg  IMG_0277.jpeg

 それに特製タルタルを合わせると、実に幸せな気分になるのである。そして欧風カレーである。優しい味のカレーは実に美味くグレイトである。

 この二つの組み合わせグレイト!お見事!

IMG_0285.jpeg
のり弁当に関する、一般的な考察!
IMG_9488.jpeg IMG_9493_20210910192803b01.jpeg
 
 盆栽とは鉢に収められた「造形の美」である。弁当とは弁当箱に収められた「創造の美」である。

 趣味の一つが、駅弁巡りなのである。そう、気になっていた 福豆屋の「海苔のり弁887」を喰らってみる事にする。

IMG_9495.jpeg 

 郡山は福豆屋の「海苔のりべん」は駅弁大賞にて優勝した、福島県が誇る駅弁なのである。

 ふっくらした白米とシャケの脂、そして海苔のコラがグレイトな一箱である。

IMG_9496 2 IMG_9499.jpeg

 それをグレードアップした弁当が「海苔のり弁887」の様である。が、やっぱ「海苔のりべん」の方が旨い!

 いくら高級な食材を使っても、その歴史や伝統に勝るものはない!「海苔のりべん」最高!
とあるレストランの極上なビーフシチュー
IMG_9089_20210825210612086.jpeg

 全国大衆酒場を巡る会の美食倶楽部のメンツ達とのレストランである。

 まんぼう前の行動であるが、居酒屋には行きづらいので、レストランでの会食とする。それは噂のビーフシチューなのである。

 コクのあるシチューにゴロゴロしたビーフが戦いを仕掛ける。一杯の皿の中で、良い意味でのバトルが広げられるのである。

 それは、噂どおりのビーフシチューであった。ラーメン屋、居酒屋も良いが、レストランも良いものなのである。

IMG_9093.jpeg IMG_9095_202108252106100bb.jpeg
行くぜ出張メシ! 福島市 大和庵
IMG_8815_2021081922583336e.jpeg IMG_8811.jpeg

 福島三大「カツ丼」と言えばは、この大和庵、龍園、そして十綱食堂である。と思ったが、大和庵のカツ丼が甘すぎるのである。

 味が変わった、もっと醤油と出汁を全面に出して欲しいなーって。思うのである。(望む!復活!)

IMG_8813.jpeg IMG_8814.jpeg
JR郡山駅 新幹線ホーム そば処
IMG_7995.jpeg IMG_7997.jpeg

 立ち食いソバ不毛地帯の会津の生活において、時折、無性に駅の立ち食いソバを喰らいたくなるのである。

 伊達から会津若松の帰路において、JR郡山駅の二階にある「そば処」の天玉ソバを喰らう事にする。

 どうやら一階の「そば処あさか」は閉店の様である。生き残った「そば処」のそれは100点ではないけど、60点でもない、ソバなのである。

 寒い冬に伊達駅5時50分発の始発に乗っては郡山に向かい郡山駅で暖を取ったものである。

 もうあの生活に戻る事は無いと思うが、野趣にあふれる懐かしい一杯を喰らうと当時の事を思い出すのであった。。

IMG_7999.jpeg IMG_8001.jpeg