このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
行くぜB級グルメ登山! カツカレー喰らいてー!
IMG_2587_201707021828474c9.jpg IMG_2588.jpg

 景信山から高尾山へと来た道を折り返すオプションもある。が、チョモ的には相模湖駅まで歩き電車で高尾へ向かった方が良いと言う。

IMG_2586_201707021823233da.jpg IMG_2589.jpg

 山を下っては相模湖駅まで国道をひたすら歩く事にする。「スタンドバイミー」って感じな俺たちの旅なのである。

IMG_2595.jpg IMG_2590.jpg

 途中の道の駅に寄りビールを求める事にする。そこは資料館であり、何にも売っていないのである。

IMG_2598.jpg IMG_2609_20170702190900897.jpg

 二時間くらい歩いては、相模湖駅へと到着する。駅前の商店でビールを買っては喉を潤すのである。くう〜うめー!

IMG_2613.jpg IMG_2614.jpg

 そして電車に乗り込み高尾駅を目指すのである。山旅中にチョモランマと夢見てた「カツカレー」を喰らう為に。

IMG_2615_20170702190851f91.jpg   IMG_2616.jpg

 山を登った後のカツカレーが実に旨いのである。そしてB級な山旅も終わりを告げる事になる。そして喜多方へと戻る旅人ふたりなのであった。。

行くぜB級グルメ登山!・・・終わり!


行くぜB級グルメ登山! 景信山茶屋のなめこ汁!
IMG_2554_201707021823147e1.jpg IMG_2571_20170702182318a76.jpg

 景信山の山頂へと到着するのである。この「なめこ汁」を飲むために、この山旅を企画したのである。

IMG_2561.jpg IMG_2565_20170702182321898.jpg

 茶屋で料理を提供するために、山小屋の主人は麓から食材を荷揚げし、女将は山に登るとらしいのである。

IMG_2566.jpg IMG_2558_20170702182317389.jpg

 茶屋に瓶ビールがあったので頼んで飲み干すのである。チョモごめん!と思いながら。

IMG_2583_2017070218231543a.jpg

 二時間ばかりの宴会を終えては下山する事にする。チョモのアイデアで相模湖に行く事になるのであった。。

IMG_2587_201707021828474c9.jpg IMG_2588.jpg
        
行くぜB級グルメ登山! 謎の韓国ラーメン!
IMG_2479_20170702155122cd6.jpg  IMG_2483_20170702155124056.jpg

 山登りを終えてサウナへと到着する。風呂を浴びては反省会とするのである。

 反省しない反省会はレンジでチンしたツマミであるが、腹が減れば何を喰っても旨いのである。

IMG_2486_201707021551255c8.jpg

 サウナでは大衆演劇が上演されていた。これが意外に面白いのである。ここからメジャーに上り詰めた劇団もあるそうである。

 そして締めのラーメンである。サウナ何の韓国料理屋に入る事にするである。

IMG_2489_201707021551260db.jpg

 500円のラーメンは、絶対にインスタントなのである。ご愛嬌と思いながら喰らう。そして心地よい眠りに付くのであった。。

IMG_2491_201707021551310bb.jpg IMG_2490.jpg

   
行くぜB級グルメ登山! 下山の旅路!
IMG_2475.jpg IMG_2460.jpg

 下山の旅である。登りがマイナールートを旅したため、下山はメジャールートとするのである。

 青々とした山々が実に美しい山旅である。チョモランマと下らない事を話がなが下山する。

IMG_2476_201707021522250f7.jpg IMG_2470_2017070215222158c.jpg

 無事下山するとお願いの看板が目に付くのである。ここから登山客がペットボトルを背負い、そして山荘を目指すのである。

 旨い鍋焼きうどんを夢見ては、、

IMG_2468_20170702152222a6e.jpg IMG_2467.jpg

 が、自分達は間違ってマイナールートを登り、メジャールートを下る頃にはペットボトルは、そこに居ないのである。

 後は駐車場に向かうだけであるが、メチャクチャわかりにくい看板である。意図的に、その駐車場を使わせないとする作為が見え見えのルート表示なのである。

IMG_2477.jpg IMG_2489_20170702152229ebf.jpg

 やっと辿り着く。メチャメチャわかりずれーなー。と思ってはサウナへと出発する二人なのであった。。



行くぜB級グルメ登山! 鍋割山の鍋焼きうどん
IMG_23762.jpg  IMG_2378_2017070209023953e.jpg

 午前一時に実家にチョモランマが迎えに来てくれる。持つべきものは友である。

 狭山サービスエリアまで、全く記憶がない。前日、ベロベロになるまで酒を飲んでいたからである。

IMG_2387_20170702090242bc2.jpg 

 普段は食べない朝飯を喰らっては、午前7時前に鍋割山の駐車場へと到着するのである。

 オフィシャルな駐車場ではない場所に車を止めたため、ルート表記がなく、人気のない林道を歩く事になる。

IMG_2388_201707020902413e2.jpg  IMG_2405_201707020903004db.jpg

 ほとんど人に会わない。っつか全く自分達以外の登山客がいない。どうやらマイナールートを進んでしまったようである。

 富士山が見える頃にはメジャールートに合流しては、人々に挨拶しながら前へと進むのである。

IMG_2422_20170702090248f31.jpg

 そして9時半前には山頂へと到着するのである。飯豊山の荒くれた山で鍛えた足である。それは余裕な山旅なのである。

IMG_2426.jpg IMG_2429.jpg

 山小屋に入り鍋焼きうどんとスーパードライのロング缶を頼む事にする。

 チョモランマがハンドルキーパーなので、言葉に甘える事にした。

IMG_2430_20170702090238472.jpg IMG_2432.jpg

  山小屋の前には開けた丘がある。そこに座り込んではビールを飲む。うーん、最高である。

 そして富士山を眺めながら熱々の鍋焼きうどんを喰らうのである。山でビールと鍋焼きうどんを喰える幸せなのであった。。

IMG_2434_20170702090245db6.jpg IMG_2442.jpg