FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
町の思い出2019@20 日本百名山 死の八甲田#5 帰宅編
IMG_1147.jpeg IMG_1149.jpeg

 下山して酸ヶ湯温泉に入る事にするのである。下山後の温泉ほどフルーツなものはなのである。

IMG_1158.jpeg

 玉乃湯で頭と体を洗った後に、メインディッシュの酸ヶ湯の湯に入るのがコツである。

 素晴らしい!我が温泉人生の中で三指に入る出来栄えなのである。グレイトとはこの温泉の事である。

IMG_1159.jpeg IMG_1161.jpeg

 青森から喜多方へと移動する。鶴岡工業の試合を見ながらボンヤリ三人組は移動するのである。運転手のチョモは天才的に優しいのである。

 後部座席でビールを飲み焼酎を飲む事を許してくれるし、もっと飲めというのである。

 優しい喜多方の人達に囲まれるから、自分もちょっとだけ優しいのかな。って思うのであった。。

IMG_1162.jpeg IMG_1163.jpeg

町の思い出2019@19 日本百名山 死の八甲田#4 下山編
IMG_1134.jpeg  IMG_1133.jpeg

 あまりにも風が強いため、ビバークする事にするのである。山小屋の案内が非常に分かりずらく難儀するのである。

 入山するときにチョモとデンジがカップラーメンを持っていくかと聞く。持ってくと即決である。

IMG_1125_20191007200903061.jpeg  IMG_1128_20191007200839058.jpeg

 持ってきて正解である。風と雨で低下した体温と気力をカップラーメンが回復させるのである。

 下山途中にすれ違う山屋達に注意喚起をしながら下山する。そして濡れたジャージやらを乾かすボンヤリ三人組なのであった。。

IMG_1141_201910072009168b2.jpeg  IMG_1145_2019100720092306d.jpeg   
町の思い出2019@18 日本百名山 死の八甲田#3 出発編
IMG_1109.jpeg IMG_1110.jpeg

 台風通過の揺り戻しの風が吹く。ボンヤリ三人組は、躊躇する事なく、ボンヤリと死の八甲田へと向かうのである。

IMG_1111.jpeg IMG_1115.jpeg

 山を登り始めると平穏無事な時間が過ぎる。このまま時が過ぎれば幸せだなーと思うのである。ところが中腹を過ぎたあたりから雨が降り、雲がたなびくのである。

IMG_1118.jpeg IMG_1116.jpeg

 頂上に到着する頃には推定風速30メートルなのである。ゴツゴツした岩場を下る際は、こりゃ死の八甲田だなー。って思うのであった。。

町の思い出2019@17 日本百名山 死の八甲田#2 食事処 桂月
IMG_1094.jpeg IMG_1102.jpeg

 角館から移動しては、十和田へと到着する。ボンヤリ3人組は、ボンヤリと温泉に浸かり、ボンヤリと宿に着く。

IMG_1095.jpeg IMG_1096.jpeg

 そして宿に着き、ボンヤリと高校野球を眺めながら、お袋から貰った非売品のヤキトリ缶にて酒を飲むのである。

IMG_1097.jpeg

 なんか腹が減ってきた。民宿の一階にある食堂にて、高校野球を見ながら「十和田バラ焼き定食」を喰らうのである。

IMG_1103.jpeg IMG_1105.jpeg

 隣ではチョもが唐揚げ定食を喰らっている。なんで、今ここで唐揚げなのかと、逡巡するのであった。
町の思い出2019@16 日本百名山 死の八甲田#1 平和軒
IMG_1085.jpeg

 秋田県角館市へと移動し、昼飯とするのである。なんか旨そうな老舗の暖簾を潜るのである。

IMG_1086.jpeg IMG_1088 2

 老舗、手打ち、ワンタン、チャーシュー、醤油のスープ、半熟玉子と全ての条件が揃う一杯である。

IMG_1090 2 IMG_1091 2

 旨い!旨い!、が、連日の飲みのせいか、完食できないのである。人生、二度目の敗北なのであった。。