FC2ブログ
このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
行くぜラーメン旅! 喜多方市 福島屋
IMG_7330_20181204210938521.jpg IMG_7338.jpg

 お袋が手術し入院したので見舞いに行く事にするのである。磐越西線に揺られ病院へと向かう。

IMG_7343_201812042109396bb.jpg IMG_7347.jpg

 カッコイイ大人なら、数千円を払ってタクシーに乗り込み病院に向かうはずである。

 が、カッコ悪い大人なので、喜多方駅前のレンタル自転車を借りて病院へと向かうのである。

IMG_7348.jpg IMG_7353_20181204210945efe.jpg

 自転車を漕いでいると腹が減ってきたので、同級生が経営する「福島屋」の暖簾を潜る事にする。

 「ウッス」と言って席に着くと「オッス」と目の前の客から声を掛けられる。同級生のキドッチョが居たのである。

IMG_7352_201812042109483a6.jpg IMG_7356_2018120421095085e.jpg

 暫くは話し込み、年末の酒飲みを約束するのである。そして「背脂煮干中華」を喰らい、「和え玉」を追加注文する。

 それは燕の背脂ラーメンを彷彿させる喜多方ラーメンであった。細麺の「和え玉」も面白い。

IMG_7359_201812042109513e1.jpg IMG_7365_201812042109469a3.jpg

 お代を払おうとすると店主が出てきて、喜多方ラーメン界についての議論が始まるのである。30分くらい話し込んでは病院へとチャリを飛ばすのである。
 
 帰りの電車の時間があるので、お袋と話した時間は15分である。お袋の顔を見ては、まぁ元気そうで良かったなーと思うのであった。(あいかわらずの同じ話のベビーローテェーション!)
本当にもう忘れたいぜ出張メシ! インター食堂(郡山市)
IMG_8068_201812022008247f2.jpg  IMG_8056_201812022008228f8.jpg

 ショッパイ会議の前の、ラブ注入である。今日のランチは半カレーラーメンなのである。

 本格的な喜多方ラーメンにノーマルなカレーである。旨いセットを喰らってはショッパイ会議へと向かう事にするのである。

 本当にもう忘れたい。そんなショッパイ会議なのであった。。

IMG_8061.jpg  IMG_8060_20181202200827821.jpg
もう忘れたいぜ出張メシ! 坂新(コラッセふくしま)
IMG_5885_20181028184721af1.jpg IMG_5886_20181028184718e7a.jpg

 とある事情により、コラッセふくしまの物産店にての昼飯を食らうのである。

 喜多方の名店坂内の暖簾分けなのである。それはスッキリとしたスープと喜多方の多加水麺がコラボするグレイトな一杯なのである。

 旨い昼飯を喰らったー。それにしても行きたくねぇな、あのショッパイ会議に・・・

IMG_5889_201810281847199b6.jpg  IMG_5891_20181028184722c79.jpg  
朝ラーメン、昼ラーメンに夜ラーメン シーズン2@9
IMG_4467_20181028164158351.jpg  IMG_4459_201810281642019a7.jpg

  喜多方の人気店「喜一」の暖簾わけのようである。「喜多方 満喜」なる店が注目なのである。

 ラーメンWalker福島の2019年版にも注目店として取り上げられているのである。

 塩ワンタン麺を喰らってみる。確かに旨い。確かに旨い。のである。

IMG_4462_20181028164200c9b.jpg  IMG_4464_201810281642034b8.jpg
夏の終わりのハーモニー @17
IMG_5785_20181021153155077.jpg IMG_5786_20181021153156468.jpg

 ヤマケン、チョモランマ、デンジマン!そう最高の布陣でオケるのである。19の頃やシングルベットで寝ていない時やアメリカに行ってない事を再認識しながら歌うカラオケである。

IMG_5787_20181021153158e02.jpg IMG_5829_201810211532008cf.jpg
 
 二時間くらい歌って、そして腹が減る。そうシメの喜多方ラーメンなのである。

 それは喜多方ラーメンの革命児「喜多方ラーメン来夢」とするのである。

IMG_5789_201810211532015b9.jpg

 今から30年前の喜多方ラーメンは、醤油、味噌、塩しかなかった。そこに革命児は「ジャンジャンラーメン」と「半ちゃん」を投入するのである。

IMG_5795_201810211532045e7.jpg IMG_5794_2018102115320334d.jpg

 それは革命であった。辛くてほっこりする「ジャンジャンラーメン」、そしてもうちょっと欲しい腹に響く「半ちゃん」なのである。

 当時は、そんな輩を喰らうと衝撃が走ったものである。そんな懐かしい思い出を再現してみる夜なのであった。。(半ちゃん、頼むの忘れたー!)