このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
行くぜ出張メシ! à la 麓屋 (田町駅)
IMG_5816_20170918195812294.jpg

  田町三部作の最終章である。「 à la 麓屋」なる立ち食いソバの暖簾を潜る事にするのである。

IMG_5807_2017091819581465b.jpg IMG_5809_2017091819581417f.jpg

 柄にもなく「汁なし坦々ソバ」なるものを頼んでみたりするのである。ソバと辛味な坦々と黄卵とネギやらがバトルするのである。
 
IMG_5810_201709181958169dc.jpg  IMG_5812_2017091819581705a.jpg

 が、やっぱ立ち食いソバのリトマス試験紙は「天たまソバ」だなー。って思うのであった。。


行くぜ出張メシ! がんぎ(田町駅)
IMG_5774_20170918194254e59.jpg  IMG_5768_201709181942561ab.jpg

  「がんぎ」は越後十日町の「ベキソバ」らしいのである。シンプルなザルソバを頼む事にする。

 細く丸くストレートな麺はパッツンパッツンなのである。

 確かにこれは面白い。次回は天たまソバを頼もうと心に誓う、なんちゃって天たまソバ評論家なのであった。。

IMG_5771_201709181942578b2.jpg  IMG_5773_20170918194257597.jpg


行くぜ出張メシ! たすけ(田町駅)
IMG_5766_201709181924552d2.jpg  IMG_5761_201709181924576ee.jpg

 どうやらJR田町駅近辺には立ち食いソバの名店が切磋琢磨し激戦を繰り広げているようなのである。

 まずは「たすけ」なる立ち食いソバの暖簾を潜る事にするのである。

 かき揚げが実にボリューミーでナイスなのである。かき揚のボリュームが凄しきて、麺と汁のバランスがヨクワカランなのである。

 まずは「たすけ」をやっつける。次は「がんぎ」をロックオンする事にするのであった。。

IMG_5763_20170918192457977.jpg  IMG_5764_20170918192459c5a.jpg
行くぜ出張メシ! そば処ふくしま(福島駅)
IMG_4018_2017091817583998e.jpg IMG_4459.jpg

 どうやら「JR東日本東北総合サービス株式会社」が運営する立ち食いソバのようなのである。

 自分的にはチョイと不満であるが、時間も無いので福島駅長がオススメする「肉そば」を頼む事にした。

IMG_4460_20170918175833750.jpg  IMG_4461.jpg

 甘辛い肉と卵とソバのバランスが、ちょっと良い。が、肉をもっと盛って欲しいなーと思うのであった。

IMG_4462.jpg  IMG_4464_20170918175836f0e.jpg
行くぜ出張メシ! 丹波屋(新橋駅)

IMG_4479_20170918163148411.jpg  IMG_4481_20170918163149d04.jpg

 朝のブルース「立ち食いソバ」である。

 小学生の時に給食の際に席を立つと先生に怒られたものである。「××君、ちゃんと座って食べなさい!」と。。

 しかし大人は立って食べても怒られないのである。

 むしろ座って食べると「お客さん、立って食べてくれませんか?」と言われるはずである。

 丹波屋の春菊の天ぷらソバはナイスだった。東北では春菊の天ぷらソバはなかなか存在しないが、関東ではメジャーのようである。

 かき揚げとは違った春菊の苦味のアクセントが朝のブルースなのであった。。

IMG_4485_20170918163150a3b.jpg  IMG_4487_20170918163151dda.jpg