このブログは、カムC空次郎が食べた福島の美味いもの、喜多方ラーメン、読んだ本、登った山、入った温泉など、俺が思ったことを綴ったチョー個人的なデジタルライフログです。 旧カムCはこちらから ☞ http://camcsoraziro.blog121.fc2.com/
行くぜ2017花見の旅@9 JR川桁駅 観音寺川の桜
IMG_2191.jpg IMG_2275_201705211947159e0.jpg

 なんちゃってフォトグラファーの弟と、その家族を花見に連れて行く事にする。(ラーメンを奢ってもらったので!)

IMG_2241.jpg IMG_2214.jpg

 川桁駅から近い観音寺川の堤に咲き誇る桜を見る事にするのである。 

IMG_2196_20170521194718ad9.jpg IMG_2221_20170521194719707.jpg

 護岸工事をしていない自然な小川には緑が茂り、桜色の花弁と青々した春の空のコントラストが美しいのである。

IMG_2204.jpg IMG_2270_201705211947220cd.jpg

 弟と二人してノンアルコールビールで乾杯する。そして皆で堤をゆっくり歩きながら桜を愛でるのである。

IMG_2266.jpg IMG_2264_20170521194726b48.jpg

 神社仏閣が大好きなカムCにとっては、途中にある神社や寺の空気感がタマラないのである。

IMG_2259_2017052119472812d.jpg IMG_2249_201705211953373e9.jpg

 世界平和について祈りを捧げ首を垂れる。(オーバー、オーバー!)そして凛とした空気に触れる幸せである。

IMG_2253_20170521195338386.jpg IMG_2255.jpg

 弟を真似して、柄にもなくカタクリの花弁などを写真に納めてみる。我ながら見事なフォトなのである。

IMG_2243.jpg IMG_2214_20170521195340dc5.jpg

 桜を堪能し、喜多方の実家に帰る事にする。振り向くと磐梯山が堂々と会津盆地に鎮座する。それは実に素晴らしい風景なのであった。。

IMG_2216_20170521195341a78.jpg IMG_2282.jpg


行くぜ2017花見の旅@8 日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜
IMG_2045_20170520190443df0.jpg  IMG_2034_2017052019044239b.jpg

 「日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜」は、花見に行きたい人気スポットナンバーワンのようである。(メイビー!)

 今年の喜多方の春は、そのお陰なのか人出で賑わう事になるのである。

 桜ヶ丘公園から移動してチョモとデンジと花見の二次会をする事にした。地べたに座って約半世紀、地べたに座るのが趣味の一つなのである。

 地べたに座りながら世の中を見つめる事にする。(なんか見えて来た!)

 地べたに座りながら枝垂れ桜を見ては、吉野川の原酒をやっつけるのである。

 そして地べたに座り、春だなーと思いながら幸せな気分になるのであった。。

IMG_2044_20170520190448b32.jpg  IMG_2035_2017052019044185a.jpg
行くぜ2017花見の旅@7 喜多方市 桜ヶ丘公園
IMG_1997_201705201518076fb.jpg  IMG_1996_20170520151800df8.jpg

 鍋割山、高尾山、景信山への登山旅の計画を立てるため、チョモランマと打ち合わせをする事にする。

 比較的ひまなチョモランマと暇なカムCは、打ち合わせと称し、昼酒を飲むべく花見とするのである。

IMG_2003.jpg IMG_2008.jpg

 喜多方の桜の名所である桜ヶ丘公園の近くにチョモ邸がある。花見の為に、そこに家を建てたのかと思える立地なのである。

 桜が綺麗である。満開の桜が春の風に揺られ散っていく。そんな風光明媚な桜ヶ丘公園で酒を飲むのである。

 計画を立てるはずが、登山の話などにならない。途中にデンジマンが参戦しては、更にタダの酒飲み会感が増すのである。

IMG_2009_20170520151802d38.jpg    IMG_2026_20170520151804640.jpg

 原酒を投入しベロベロ感が高まる。

 決まった事は、登山の当日にチョモランマが午前1時に実家まで車で迎えに来てくれる事である。

 計画とは、そういうものなのである。

行くぜ2017花見の旅@6 第22回目の大森山での花見
IMG_1784_20170520143209478.jpg  IMG_1788.jpg

 二人で始めた花見も22回目を迎える。一族郎党で馳せ参じていたものであるが、またカミさんと二人になる。

 桜の花弁は散ったものの、毎年続ける恒例行事なので、弁当を持って行く事にするのである。

IMG_1805.jpg  IMG_1794_201705201432039c4.jpg

 平日は残業か飲み会、週末は山登りや旅で家を空けがちである。そう家庭内単身赴任状態なのである。

 なので、罪滅ぼしとして冷蔵庫にあった食材で、焼うどん、カニ玉、豚肉モヤシ炒めを作る事にするのである。

IMG_1795_201705201432064f3.jpg  IMG_1796_20170520143203e17.jpg

 賞味期限が切れている食材が何点かあったが、カミさん曰く大丈だそうである。

 確かに大丈夫であった。そして花を見る事もなく第22回目の大森山での花見は終わるのであった。。

IMG_1793_201705201432017c3.jpg  IMG_1789.jpg
朝ラーメン、昼ラーメンに夜ラーメン#28(麺や 玄 -gen-)
IMG_2168_20170520134310316.jpg IMG_2170.jpg

 弟家族を連れて、喜多方の朝ラーとする。本日のチョイスは「玄」とする。

 ここはアゴ出汁ベースな喜多方ラーメンを出す店なのである。

 「ショッテリ」なる燕インスパイア系のメニューが看板である。が、今回はシンプルに醤油ラーメンを頼む事にする。

 アゴ出汁が効いて、うまい喜多方の朝ラーなのである。弟がラーメンを奢ってくれた。

 ので、なんちゃって写真家の弟を、そのお礼にと、とある場所へ連れて行く事にするのであった。。

IMG_2172_20170520134312e37.jpg IMG_2174_20170520134313108.jpg